ニュース
» 2004年08月13日 20時45分 UPDATE

Windows XP SP2導入でIEEE1394b HDDが遅くなる現象――ラシー、同社HDD用ファーム公開

ラシージャパンは、Windows XP SP2をインストールすると、IEEE1394b(FireWire 800)に対応した同社製HDDの転送速度が著しく低下する現象を確認するとともに、この問題を解消するためのファームウェアを公開した。

[ITmedia]

 ラシージャパンは、Microsoftが先ごろリリースしたWindows XP Service Pack 2(SP2)をインストールすると、IEEE1394b(FireWire 800)に対応した同社製HDD「LaCie d2 HDD」シリーズの転送速度が著しく低下する現象を確認するとともに、この問題を解消するためのファームウェアを公開した。

 同社によると、Windows XP SP2のIEEE1394bドライバには互換性と安定性を高めるための変更および改良が加えられており、その変更が転送速度の著しい低下を引き起こしたとしている。

 なお、ファームウェアのダウンロード用URLは、本件の経緯や該当製品、ファームウェアのアップデート方法を記したPDFファイル「LaCie FireWire 800 ドライブ & Windows XP SP2」に掲載されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう