Special
2004/09/10 19:00 更新

PCUPdate特別企画:PC環境最適化計画
使い続けたPCはなぜ遅くなるのか。その解決法とは?

購入直後は確かに速くて快適だったマイPC。それが徐々に遅くなっていくように感じるのは、このスペックに慣れてしまったからなのか、単なる気のせいなのか。いや、気のせいなどではない。あなたのPCは着実にスローダウンし続けている。果たしてその理由とは?

いつも使ってるPC、動作が遅くなっていませんか?

 筆者が最後にPCを買い換えたのは、今から1年ほど前のこと。「これも仕事のため」と自分に言い聞かせながら、大枚はたいて当時のシリーズ最上位モデルを買っただけあって、使い始めの頃はすこぶる快適だった。Windowsの起動に長々と待たされることもなくなり、すぐさま作業に移行できるのがなんとも心地よく、「ああ、やっぱり買い換えて正解」としみじみ思ったものだ。

 それなのに、いつの頃からかWindowsの起動やアプリケーションの動作がもたつくようになっていく。あんなに快適だったはずのPCが、徐々に不満とイライラを募らせるPCへと変貌していくのだ。いったい、マイPCに何が起きているのか。

 言うまでもなく、PCのハードウェアのスペックが自然とダウンすることなどない。原因は、Windowsの方にある。Windowsは、使い続けていくうちにだんだんと“ゴミ”がたまっていくからだ。それは、とうにアンインストールしたはずのアプリケーションの残滓だったり、何かの拍子で変更されてしまった不適切な設定情報だったりする。そういった“ゴミ”が蓄積されるにつれて、Windowsの動作を不安定にしたり、パフォーマンスの低下を招くのだ。

ki_pcc01_01.jpg

プロバイダサインアップソフトの例。アプリケーションをアンインストールしても、空のフォルダやINIなどのファイルが残り、完全には消去されない場合がある。こういった不要ファイルなどの“ゴミ”が知らず知らずのうちにたまっていく

 とりわけ影響が大きいのは、レジストリの肥大化だ。レジストリとは、そのPCにおけるシステム情報やユーザー情報、ハードウェアやソフトウェアの動作に必要となる情報をとりまとめたデータベースのこと。つまり、ありとあらゆる設定情報を1カ所に集約させ、システム全体を一元管理する仕組みになっている。

 例えば、新たに周辺機器を追加したり、アプリケーションをインストールすれば、それらの情報がレジストリに逐一記録されていく。各種アプリケーション上で設定を変更した場合も、やはりレジストリに反映される。

 これだけでもレジストリが次第に肥大化していくのは容易に想像できるが、問題は、不要になったアプリケーションをアンインストールしてもレジストリに情報が残ってしまったり、システムがレジストリの読み書きを繰り返すうち、情報の配置に無駄が生じたりするという点だ。このことがレジストリの肥大化に拍車をかけている。

ki_pcc01_02.jpg

システム情報や各種設定情報を一元管理するレジストリ。このレジストリも、パソコンを長く使い続けるうちに、画面のように不要なレジストリが増えることにより肥大化し、PCのパフォーマンス低下を引き起こす原因になる

 では、なぜレジストリの肥大化がPCのパフォーマンスに悪影響を及ぼすのか。それは、Windowsの起動時はもとより、Windowsや各種アプリケーションの動作中も、ことあるごとにレジストリを参照しに行くからだ。大きなサイズのファイルを開くのに時間がかかるのと同じで、レジストリが大きくなればなるほど参照に時間がかかる。レジストリにこびりついた無駄な贅肉をそぎ落とさないことには、PCの動作が今後いっそう緩慢になっていくことになる。

 また、不必要な常駐プログラムやサービスも、PCの動作の足を引っ張る一因となる。メーカー製パソコンの場合、タスクトレイ上には初めからかなり多くのアイコンが並んでいるが、実際にはここに表示されていない常駐プログラムやサービスも数多くあり、バックグラウンドで密かに動作している。新たに周辺機器やアプリケーションを追加した際にも、常駐プログラムが増えることがある。これらがメモリを余計に消費するために、PC全体のパフォーマンスを低下させてしまうわけだ。

ki_pcc01_03.jpg

ki_pcc01_04.jpg

ユーザーの意思とは無関係に、数多くの常駐プログラムやサービスがバックグラウンドで動作しており、メモリを消費している

 すっかりダメダメな体たらくになってしまったマイPCを、再び買ってきた日のようにキビキビと動くPCに戻してやるには、どうやらレジストリのカスタマイズや不要な常駐プログラムの停止が必要なようだ。そこで次回は、PCのパフォーマンス向上につながるレジストリのカスタマイズ方法や、不要な常駐プログラムの停止方法を考えてみよう。

[星紀明,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。