ニュース
» 2004年09月30日 00時02分 UPDATE

「みんなーおゆうぎのじかんよー」――ウィズ・アイティ、どうぶつ型PC発売

ウィズ・アイティ・ジャパンは、教育向けPCとして、動物の形をした筐体を採用するPC「ふれんZOO」を発表した。

[岩城俊介,ITmedia]

 ウィズ・アイティ・ジャパンはこのほど、幼稚園や保育所での教育向けPCとして、動物の形をした筐体を採用するPC「ふれんZOO」を発表した。

photo ふれんZOOシリーズ(左上から、くま、うさぎ、ぱんだ、りす、かえる、とら、ねずみ、さる、ひよこ、こあら)

 ふれんZOOは、幼稚園や保育所など、子どもがPCで勉強するのではなく、「お友達」として一緒に遊ぶといったことをイメージさせるような筐体を採用する子ども向けPCで、PC本体と液晶ディスプレイは動物型のケースで覆われる。

photo 動物型ケースで覆われる本体

 主な仕様は、Celeron/2GHz、PC2700 DDR SDRAM 256Mバイト、HDD 40Gバイト、52倍速CD-ROMドライブ、15インチ液晶ディスプレイなど。動物キャラと遊びながら学習できるというメールソフト「ゆうびんやさん」が付属される。

photo バンドルソフト「ゆうびんやさん」

 ウィズ・アイティは、ふれんZOOシリーズの幼児IT環境アドバイザーとして、主に子ども向けPC教室や幼稚園、保育所などへの導入、機器と共にPC教室のための教師の派遣などを行う。また、同PCを活用できるような施設設置の提案、卒業アルバムのDVD化やWeb作成など、施設そのものへのコンサルタントや幼児が違和感なくPCと触れ合える環境を提案していくという。

photo ふれんZOO導入例

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.