ニュース
» 2004年10月18日 12時47分 UPDATE

本気かウケ狙いか、スシ型USBメモリ登場――ソリッドアライアンス

ソリッドアライアンスは、すし型USBメモリ「SushiDisk」を発表、10月21日より出荷を開始する。価格は6000円から。

[岩城俊介,ITmedia]

 ソリッドアライアンスは10月18日、すし型USBメモリ「SushiDisk」を発表、10月21日より出荷を開始する。

photo すし型USBメモリ「SushiDisk」

 SushiDiskは、USB2.0対応USBメモリにすし型サンプルが備わっているUSBメモリで、まぐろ/うに/いくらが128Mバイトモデルとして、鉄火巻き/かっぱ巻きが32Mバイトモデルとして計5種類がラインアップされる。

 価格は128Mバイトモデルが8200円、32Mバイトモデルが6000円。

 SushiDiskに搭載されるサンプルは、料理人向け道具街として知られる、東京浅草にあるかっぱ橋道具街の食品サンプル業者「佐藤サンプル」とのコラボレート製品として企画された。

 ソリッドアライアンスはいままで、アヒル型フィギュア搭載のUSBメモリや、160万円台のCFなど、メモリ関連製品などを中心にリリースしてきた企業。例えば、512MバイトモデルのUSBメモリのため、名称を「五一兄」(こういちにいさん)として、税抜き価格は2万5123円、USB 2.0の“2”と、こういちにいさんの“5123”をかけるといった、名称と価格、機能などを組み合わせたような“オモシロ”製品を多く発売することでも知られる。

 今回は、命名などにとりわけ狙った意図はなさそうなのだが、同社によると実用性とウケ狙いをかねた製品として「忘年会景品・海外のお客様へのお土産などに最適なもの」として発売するようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.