ニュース
» 2004年10月20日 17時00分 UPDATE

データを保持したままパーティション変更が可能なパーティション操作ユーティリティソフト

フロントラインは、Mac OS X対応のパーティション操作ユーティリティ「VolumeWorks」を11月25日に発売する。パッケージ版は9975円、ダウンロード版は6930円。

[ITmedia]

 フロントラインは、SubRosaSoftと契約を締結し、Mac OS X対応のパーティション操作ユーティリティ「VolumeWorks」を11月25日に発売すると発表した。パッケージ版は9975円、ダウンロード版は6930円。

 VolumeWorksは、パーティションデータを保持したままパーティーション構成を自由に変更可能なほか、製品CD-ROMから起動した際には、Mac OS Xを含んだシステムディスクのすべての内容を維持したまま、サイズ変更することができる。

 パーティションの作成/削除機能のほか、任意のパーティーションを隠す機能、空き領域の側にパーティションを移動する機能も搭載した。ATA、SCSI、FireWire、USBディスクなど、すべてのMacintosh標準対応のディスクドライブに対応する。対応OSは、Mac OS X 10.3以降。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-