Special
2004/11/02 17:58 更新

わかりたい人のための動画エンコード講座
DivX VS Windows Media 9、品質と速度比較〜どっちが優れているのか? (1/2)

今回はDivXとWindows Media 9(WM9)との比較である。ヒジョーに苦労した。というのも、両方とも品質は高いので、普通の比較をしても「ウーム」となってしまうのだ。予想通りである……。それでも、それぞれのコーデックの特性のようなものはつかめたので、それを中心に述べてみたいと思う。

AVIフォーマットで公平に比較、まずは「ムチャなエンコード」で傾向チェック

 まず、今回のテストは、公平を期すため、同じツール(AVIUtl)を使って同じフォーマット(AVI)にエンコードするという方法で行った。つまり、Windwos Media Encoderではなく、Windows Media Video 9 VCM(Video Compression Manager)を使ったというワケだ。DivXは5.2.1のProバージョン(日本語最新版の5.1.1はホロンから出ているパッケージで利用することができる)。

 素材としては、DVで撮影した画像を、いちど非圧縮のAVIに変換したものを使った(「ヘンなことするなー」と思われるかもしれないが、これは私のパソコン環境に由来するものである……)。

 冒頭でも述べたが、いずれも高機能・高品質のコーデックである。普通の使い方をすれば、細かなことをせずにデフォルト値で圧縮しても、それなりの品質の映像ができあがる。たとえば「320×240ピクセル、300Kbps、15FPS」と設定すればバッチリである。そこで、まずはムチャな注文をつけて、違いを観察してみた。

 「ムチャな注文」とは、「640×480ピクセル、15FPSで200Kbpsでどうぞ!」といったものである。しかも、元画像には細かな草のサワサワとした動きや水の流れが含まれている。果たしてどうなるか? 2パスVBRどうし、1パスVBR(DivX)対CBR(WM9)で試してみたが、傾向は同じであった。

フレーム減らしてビットレート保つWM9、フレームを保ってビットレートをオーバーするDivX

 まず、WM9のほうは、基本的に指定ビットレートを守ってくれる。しかも、パッと見ると美しい。「オヤ?」と思ってチェックすると、フレームがかなり間引かれている。表示上は15FPSということになっているが、ほとんどスライドショーのような状態なのである。「なんとかビットレートを守ってクオリティも保ったままエンコードしようと努力した結果、フレームレートを大幅に減らしてしまった」という感じである。

 一方のDivXはというと、低いビットレートに設定しても、ある程度から下には絶対に行かない。限界値のようなものがあるようだ。しかし、フレームレートは守られる。画面はブロック歪みだらけで、「頑張っている」ことがよくわかる。「指定を守ろうとしてボロボロになりながらエンコードするが、できないものはできない。フレームレートは守るから勘弁してくださいよ」という感じである。

 この部分についてはコーデック開発の考え方などによるものであろうから、優劣をつけたくはない。「パッと見」ではWM9のほうがきれいに見えるが、フレームレートが低いのだから、当たり前である。

 穿った見方をすれば、「とにかく汚い画像を一瞬でも見せればコーデックのイメージが落ちる」ことをよく知っているマイクロソフトの手法は「ウマい」と感じた。ここに関しては画面写真を載せると、圧倒的にWM9が有利になってしまうというワケだ。

「ナチュラルのDivX」と「くっきりのWM9」?

 先程のテストは、あくまでもコーデックの特性を調べるための意地悪テストで、実用を想定したものではない。そこでもう少しだけ実用に近づいて450Kbpsでテストしてみた。今回のサンプルは、細かい草の揺れ、水の流れなどがある、意地悪な映像である。450Kbpsでもかなり厳しい。が、厳しいものでないと、差がわかりにくいのだ。

 全般的に見ると、WM9のほうが「いじっている」ような印象を受けた。色や輪郭などをなるべくはっきりさせ、ブロック歪みになりそうなところを徹底的にボカす。一方のDivXはもう少し素直で、素直にブロック歪みが出てしまう(ような気がする)。

 ところが、静止画としてフレームを切り出すと、そうとも言い切れない。DivXのほうが色を強調しているように感じられる部分もある。

 以下、特徴的な部分を見ていこう。

レンガ路パート

  • 〜DivXは「きれいにボケ」、WM9は「ハッキリとモザイク」

 まずはこのレンガの部分。

ho_01a-divx.jpg

ho_01a-wm9.jpg

上がDivX、下がWM9

 ある部分を切り出したものがこちら。

ho_01b-divx.jpg

ho_01b-wm9.jpg

上がDivX、下がWM9

      | 1 2 | 次のページ

[姉歯康,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。