速報
» 2004年11月25日 08時43分 UPDATE

「2008年までに1億台」のiPod人気でMacへ「スイッチ」も促進

iPodは2008年までに1億台に達し、PCからの「スイッチ」も増える――。ウォール街アナリストによる分析で、Apple株が急騰している。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Apple ComputerのiPodの成功が新規Macユーザー獲得につながっていると、ウォール街のアナリストが報告した。Needham & Co.のチャールズ・ウルフ氏は顧客に配った27ページの報告書で、Windowsユーザーが手にするiPodは2008年までに1億台に達するかもしれないと予想。そのごく一部でもMacを購入すれば、Macの販売は急増する可能性があると指摘している。

 Macworld UKが入手したこの報告書では、iPodとiTunes Music Storeはいずれも競争激化で市場シェアは減るだろうが、デジタル音楽プレーヤーとデジタル音楽の市場はこの間に急成長すると予想。ユーザーに好まれる音楽ダウンロード方法としてiPodとiTunesに強力な軍配を上げ、AppleがiPodとiTunesの開発をやめない限り、Windows Media Audioがデジタル音楽市場を独占すると予想すべき「説得力のある経済的理由は何ら見当たらない」と述べている。

 11月22日にはPiper Jaffrayのアナリスト、ジーン・マンスター氏が、Apple株の目標価格を1株100ドルに引き上げた。これは、「PCを使っているiPod所有者のうち13%が、Macを購入済みあるいは購入を計画している」との報告を受けたもの。Apple株は午前中の取引で急騰し、その日は10%以上げて引けた。

 24日半ば現在、Apple株は63.13ドルで取引され、出来高は3.04%伸びて1099万株となっている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

-PR-