らくらくデジ一眼――*istDS入門編

Special
2004/12/03 00:00 更新


世界最小最軽量のデジタル一眼レフ機*ist DSで写真を120%楽しむ (1/5)

コンシューマ向けのデジタル一眼レフ機、ペンタックス「*ist DS」が新発売された。デジタル一眼レフ機としては世界最小最軽量のコンパクトボディを誇り、シンプルで分りやすい操作系や、シャープで鮮やかな発色が魅力のデジカメである。*ist DSでどれほどの写真が撮れるのか、その実力を徹底検証してみよう。

 デジタル一眼レフ機がちょっとしたブームである。数年前までは高嶺の花だったが、最近では10万円前後で買えるデジタル一眼レフ機が増えている。そろそろコンパクトデジカメを卒業し、デジタル一眼レフ機に挑戦してみたいと考えている人は少なくないだろう。

 ただし、安くなったとはいっても、コンパクトデジカメの2、3倍の出費にはそれなりの覚悟と決断がいる。デジタル一眼レフ機に憧れはあっても、自分で使いこなせるかどうか少し不安を感じる人もいるだろう。また、デジタル一眼レフ機は大きくて重いので、せっかく購入してもほとんど使う機会がない、というユーザーもいる。これではもったいない。

 そんな人にお勧めできる1台が、ここで紹介するペンタックス「*ist DS」である。APS-Cフィルムサイズの有効画素数610万画素CCD(総画素数631万画素)、明るくて見やすいペンタプリズムファインダー、11点測距のワイドエリアAF、2.0インチの大型液晶モニタ、Kマウントレンズ対応など、デジタル一眼レフ機としては十分な性能を持ちながら、ボディの実売価格は約10万円と手頃だ。

 しかも、携帯性に優れたコンパクトボディはライバル機に勝るメリットであり、デジタル一眼レフ機の大きさや重さをネックに感じていた人には大きな魅力になる。また、凝ったマニュアル機能に加えて、オート機能が充実しているので、デジタル一眼レフ機の入門用にも最適だ。*ist DSでどんな写真が撮れるのか、さっそくレポートしてみよう。

 なお、撮影機能の詳細については他のレビューに任せることして、ここでは最も簡単な撮影モードである「オートピクチャーモード」を中心に使って、*ist DSのフルオート性能を検証してみる。以下の作例は、特に記載がない場合はすべてオートピクチャーモードで撮影したものだ。

画像

デジタル一眼レフ機としては最小最軽量を誇る「*ist DS」。ボディが小さくて軽いだけでなく、操作性がシンプルにまとまっているので、スナップ感覚で気楽に使いこなせる

オートピクチャーモードによる手軽な撮影

 *ist DSには、13の撮影モードがある。そのうちプログラム、シャッター優先、絞り優先、マニュアル露出、バルブの5モードは各種の設定を自分の手で調整するモード。それ以外の、オートピクチャー、標準、人物、風景、マクロ、動体、夜景人物、ストロボオフの8モードは、選択したモードに応じて露出や発色傾向などが最適化されるモードで、一般的にシーンプログラムモードと呼ばれるものだ。

 オートピクチャーを選んだ場合には、撮りたいものにカメラを向けてシャッターボタンを半押しすれば、カメラが被写体を判別し、標準、人物、風景、マクロ、動体の5モードが自動的に切り替わる。フィルムの一眼レフ機「MZ-7」や「MZ-L」から受け継がれた機能であり、シーンプログラムモードの発展形といっていい。

 写真や撮影の腕に覚えがある人にとっては、絞りやシャッター速度、発色の傾向などは自分の手で調整したほうが使いやすいかもしれない。とはいえ、自分で決めたからといって、うまい写真が撮れるとは限らない。絞りやシャッター速度などはカメラ任せにして、その分の意識や集中力をシャッターチャンスや構図決定に向けるという考え方もある。

 なお、オートピクチャーモード選択時は、メニュー内の「画像仕上」は「鮮やか」に固定され、「彩度/シャープネス/コントラスト」や「ホワイトバランス」の手動調整は反映しない。ただし、ストロボモード、露出補正、ISO感度、連写、オートブラケットなどは、オートピクチャーモードの選択時にも設定可能であり、以下の作例では適時これらの機能を併用している。

画像

モードダイヤルを「AUTO PICT」の位置にセットし、「オートピクチャーモード」を選択する。すると、標準、人物、風景、マクロ、動体の5モードが自動的に切り替わる

画像

ファインダー内はこのように表示される。画面下には左から、ストロボ発光、ピクチャーモードアイコン、合焦マーク、シャッター速度、絞り値、撮影可能枚数が緑色で表示される

画像

オートピクチャーモードによって自動的に選ばれた撮影モードは、シャッターボタンを半押しした際にファインダー内にアイコン表示される。上から、標準、人物、風景、マクロ、動体の各モードが選択された状態

画像

オートピクチャーモードが自動的に「人物」と判別した。過度なエッジ強調が抑えられ、肌のトーンがきれいに再現された。「DA ズーム18〜55mmF3.5〜5.6 AL」を使用

※「世界最小最軽量」:2004年10月1日現在 レンズ交換式デジタル一眼レフカメラにおいて

      | 1 2 3 4 5 | 次のページ

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

らくらくデジ一眼――*istDS入門編

ピックアップ

news009.jpg 価格比較:高級コンパクトデジカメ09年秋冬モデル、価格を比較
年末商戦向けに展開されている、各社高級コンパクトデジカメの価格を比較した。注目されるのはあえて高画素化の道を選択しなかったモデルだ。

index.jpg ビデオカメラ特集
デジタルビデオカメラは既に“フルHDは当たり前”となってきた。最新機種のレビューでフルHDに次ぐ、新たな選択肢を探してみよう。

news021.jpg 価格比較:「1万チョイまで」で幸せになるカナル型イヤフォン16選
ポータブルオーディオの最も簡単かつ効果的なチューニングはイヤフォンの変更。最近ではバリエーションも充実しており、ちょっと財布のひもを緩めればシアワセになれる。今回は人気のカナル型を集めてみた。

news022.jpg 価格比較:夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(後編)
今年は防水デジカメの当たり年。今シーズンに登場した防水デジカメの仕様と価格を比較する。

news065.jpg 価格比較:高級コンパクトデジカメ、価格を比較
最近ではハイビジョン動画や個人認識、さらには超高速連写など、デジタルであることを前面に押し出した製品も増えているが、“撮ることの楽しさ”を前面に押し出した高級コンパクトデジカメもいちジャンルを築いている。各社製品の価格を比較した。

news097.jpg 価格比較:充実のエントリーデジタル一眼、価格を比較
最新のエントリー向けデジタル一眼は撮像素子も10メガを越えたほか、ライブビューやHD動画機能なども備えており、その充実ぶりは目を見張る。お買い得感の高いダブルズームキットで価格を比較した。

news102.jpg 価格比較:ハイアマ向けミドルクラス一眼、価格を比較
撮像素子はAPS-Cサイズながら、各種装備やスペックを充実させた中級デジタル一眼レフの価格を比較した。エントリー向けに比べやや高価にはなるが、いわゆる写真愛好家を対象とした製品だけに、充実した製品がそろっている。

news063.jpg 価格比較:あこがれを手に入れる、フルサイズ一眼の価格を比較
これまでフルサイズ機といえば、プロ向けの高価な製品しか存在していなかったが、今では少し背伸びをすれば狙える。とはいえまだまだ高価。最新価格のチェックは欠かさずにいたい。

news038.jpg 価格比較:エコポイント活用、ハイエンド機も充実の50V型以上テレビ価格一覧
50V型以上ともなると、各社のハイエンドモデルと録画機能付きテレビのオンパレード。プラズマテレビも選択肢が増え、画質・機能ともに充実した製品が並ぶ。

news098.jpg 価格比較:エコポイント活用、満足度の高い46V/47V型テレビ価格一覧
“価格比較”3回目は、46V型と47V型に注目。液晶テレビではプレミアムモデルの比率が高まり、プラズマテレビも選択肢が増えてくる。画質や機能は欲ばりたいが、出費はなるべく抑えたい――そんな人にぴったりのサイズだ。

news111.jpg 価格比較:エコポイント活用、売れ筋40V/42V型テレビ価格一覧
売れ筋の40V型、42V型の薄型テレビからエコポイント対象製品を取り上げ、実売価格を比較する。エコポイントは2万3000点。

news073.jpg 価格比較:エコポイント活用、最新37V型テレビの価格一覧
前回の40V型/42V型に続き、今回は1まわり小さい37V型を取り上げる。最新注目機種の中から、エコポイント対象製品をピックアップ。

news104.jpg 価格比較:エコポイント活用、録画対応モデルも充実の32V型テレビ価格一覧
リビングルームのメインテレビとして、また書斎や寝室におくパーソナルテレビとしても注目される32V型液晶テレビ。ここ1年ほどで倍速駆動や録画機能を備えた製品が増えているのも特徴だ。今回は各社のエコポイント対応製品16機種をリストアップ。

news092.jpg 価格比較:エコポイント活用、個室にちょうどいい26V型以下の液晶テレビを比較
パーソナルサイズと位置づけられる26V型以下だが、最近は上位モデルの機能を一部取り込む形で個性的な製品が増えている。個室やベッドルームなど、シチュエーションに合わせて検討したい。