速報
» 2004年12月16日 18時07分 UPDATE

RealNetworks、iPodからの「締め出し」を修正へ

iPod用ソフトのアップデートにより、RealNetworksから購入した楽曲を再生できなくなったが、同社はiPodとの互換性を回復させるためのフィックスに取り組んでいる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Apple Computerは一部のiPod用ソフトをアップデートし、RealNetworksから購入した楽曲を再生できないようにした(12月15日の記事参照)。RealNetworksはこれについて、こうなった理由はよく分からないが、フィックスに取り組んでいると語っている。

 RealNetworks Music StoreはAppleのiTunes Music Store(iTMS)と直接競合しているが、RealNetworksはiPodのような独自プレーヤーがないという点で不利だ。iPodはさまざまな音楽フォーマットをサポートしているが、プロテクト付きフォーマットに関しては、iTMSで販売されている楽曲にしか対応していない。

 RealNetworksは7月に、自社のストアで販売しているプロテクト付き楽曲をiPodなどの音楽プレーヤーで再生できるようにする「Harmony」という技術を発表した(7月26日の記事参照)。Appleはこれに対し、RealNetworksは「ハッカーの戦術と倫理を使ってiPodを侵害した」と批判、同社に対する法的措置も考えて調査を行うと話していた(7月30日の記事参照)

 Appleは、最近のiPod用ソフトのアップデートにより、一部プレーヤーでHarmony対応楽曲を再生できなくなったことを否定していない。だが、その理由や具体的にRealNetworksの顧客を標的にしていたのかどうかは説明しなかった。

 「7月に述べたように、折々のiPod用ソフトのアップデートにより、Harmonyが現行あるいは将来のiPodで機能しなくなる可能性は高い。当社はRealNetworksとその顧客に、これを強く警告する」とAppleの広報担当者は12月15日に語った。

 RealNetworksの広報担当マット・グレイブス氏は「AppleはFairPlayに幾らかの変更を加えた」と独自の説明をしている。FairPlayは、iTMSで販売される楽曲の保護に使われているデジタル権利管理(DRM)技術。iTMSの楽曲をiPodで再生できるのは、同製品がFairPlayをサポートしているからだ。

 「同社がHarmonyを破ったのか、あるいは単なるアップデートの副作用かは分からない」と同氏。

 同氏は、RealNetworksはiPodとの互換性を回復させるため、Harmonyに変更を加えているところだと語った。だが、フィックスがリリースされる時期については明言できないという。「FairPlayが変更されるたびに、われわれはそれを調査して、Harmonyがどう連係するのかを確認しなくてはならない」

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

-PR-