Special
2005/01/20 09:30 更新


デジカメRAWモード撮影術〜街角スナップ編〜 (1/2)

スナップ撮影では、いいなと思う被写体に出会ったら、余計なことは考えずに素早くたくさん撮影するのが基本だ。露出や構図、ピントなどに悩んでいたりすると、その間にもシャッターチャンスはどんどん逃げていってしまう。そんな撮影方法に適しているのも、仕上げを後回しにできるRAWモード撮影だ。

スナップ撮影にも使いやすくなってきたRAWモード

 街のスナップ撮影が好きなぼくは、気軽に撮影して気楽に写真を選べるように、画像ファイルの記録形式にはJPEGモードを選んで撮影するのが普通だった。わざわざRAWモードで撮影することなどほとんどなかったと言ってよい。その大きな理由の一つは、面倒なことがキライなぼくとしては撮影後にRAW現像処理をするのがイヤだったということがある。

 でも最近、ふと気づいてみれば、どうしたわけか街角スナップでもRAWモードを選んで撮影していることが多い。とくに、最近のお気に入りスナップカメラの一つとなったエプソンの「R-D1」を使った撮影では、もう当然のごとくRAWモードでしか撮影をしていない。

 R-D1に限らず、ぼくが積極的に、そしてごく自然にRAWモードで撮影するようになった理由はいったい何だったのだろうか。そのあたりを少し考えてみたら、いくつかの理由(原因)がわかってきた。

mk_main.jpg

エプソンの「R-D1」に同梱されるRAW現像ソフト「Photolier」のメイン画面。Photolieでは、複数のタブパネルを切り替えながら現像設定を行なっていく。各種の現像設定は、ヒストグラム表示やプレビュー画面で確認しながら進めていくことが可能だ

大容量メモリーカードの低価格化も後押し

 まず、大容量のメモリーカードが安くなって入手しやすくなったことが理由の一つである。

 RAWはJPEGに比べてファイルサイズがデカい。600万画素クラスのカメラでも、画像1枚で10Mバイトほどもあるのが一般的だ(特殊な圧縮処理を行っているカメラもあるが、それでも6Mバイトほどもある)。

 ワンカット10Mバイトということは、たとえば512Mバイトのメモリーカードを使ったとしても、50カット前後しか写せない。50カットなんて、36枚撮りフィルムで言えばたった1本半だ。

 「多写しのタナカ」と呼ばれているぼくなどは、フィルム1本分の撮影カット数なんて、自慢じゃないが文字通り“あっという間”に撮り終えてしまう。

 そもそもスナップ撮影では、あまりぐちゃぐちゃとつまらないことを考えずに、いいなと思ったらバシバシ写すことがポイントで(少しは考えて写すことも大事だけれど、ね)、露出がどうの、構図がどうの、ピントをどこに合わせたらよいやら、などと考えているヒマがあれば、ワンカットでもツーカットでもとっとと写すことが大切だ。

 だからぼくはこのやり方、撮影方法をフィルム時代から通している。したがって、とにかくフィルム交換せずに、つまりメディア交換せずにたくさんの枚数が写せるとありがたいのだが、以前は1Gバイトや2Gバイトの大容量メディアとなると、価格的な理由で、そう気軽に購入するわけにもいかなかった。

 デジタル一眼レフカメラでRAWを敬遠していたのにはそうした理由もあったのだが、大容量メディアの価格が下がってきたことで入手しやすくなり、RAWモードでも撮影枚数を気にせずに写せるようになったという訳である。

仕上げを後回しにできる安心感

 RAWモードで撮影するようになったもう一つの理由は露出だ。

 先ほども述べたように、スナップ撮影は素早くたくさん写すことが基本。露出に悩んでいたりすれば、その間にシャッターチャンスがどんどん逃げていく。

 しかし、デジタル画像は露出ラチチュードが狭いので、適正な露出値からちょっとでも外れると、途端に白トビや黒ツブレが目立ってしまう。JPEGモードで撮影していた時は、そのあたりの事情がアタマの隅っこに引っかかっていて、露出補正をしたり段階露出したりして、時にはシャッターチャンスを逃してしまうこともあった。

 ところがRAWモードを選んでおけば、撮影後の現像処理時にある程度の露出補正やコントラスト、シャープネスをコントロールできるのだ(わずかな画質劣化などがあるため、実はあまり大声で勧められることではないのだけれど)。

 たとえば、「PHOTO 1」の写真は、京都・八坂五重塔のあたりを、露出はカメラ任せにしたまま歩きながら次々とシャッターを切り、連続スナップしたうちのワンカットだ。そうして写したRAWファイル画像を少し柔らかめに表現しようとして、RAW現像ソフトでコントラストを落とし、シャープネスを弱め、露出をプラス補正して仕上げたものが「PHOTO 2」である。こんな芸当ができるのもRAWで撮影しておいたおかげといえる。

mk_photo1_normal.jpg

mk_photo2_variation1.jpg

mk_color_etc.jpg

Photolieの設定パラメータ。「露出補正」を+0.3EV、「カスタマイズ」欄の「エッジ強調」を-1、「コントラスト」を-3に設定している

mk_shadow.jpg

「レベル補正」欄の「シャドウポイント」の設定パラメータ

 とにもかくにもRAWモードで撮影をしておけば、撮影する時は露出やコントラストなどをこまごまと考えなくてもよくなり、その分構図やシャッターチャンスだけに神経を集中させてバシバシと写せる。写したあとで画像を選び、よく見ながら画像調整を行って、最終的な「作品」に仕上げればよいのだ。そういうことが最近わかってきて、RAWモードで積極的に撮影するようになっている。

      | 1 2 | 次のページ

[田中希美男,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ

news139.jpg 週末アップルPickUp!:絶好調のApp Store、ユーザーに34億円返金へ
アップル関連の話題を何となくまとめる週末アップルPickUp!。今週は未成年者によるアプリ内課金問題を取りあげます。

news020.jpg 24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。

news041.jpg 最新タブレット速攻レビュー:「MeMO Pad 8」──“Winタブ”よりお手ごろ価格な8型Androidタブレット
8型タブレットとなると最近はWindows 8.1搭載モデルが人気だが、同サイズでAndroidなら“もっと低価格”である。2万円台で買える8型タブレット「ASUS MeMO Pad 8」をチェックする。

news052.jpg 最新PC速攻レビュー:「VAIO Pro 13」――さらにハイスペックを軽快に持ち運べる“14春モデル”徹底検証
高い人気を誇る薄型軽量モバイルノート「VAIO Pro 13」が、より高性能なCPUを搭載可能になった。その実力を確かめるべく、直販ハイスペックモデルをじっくり検証する。

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news116.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第23回 2560×1440解像度スゴイ……格段に作業効率が上がる「超高解像度ディスプレイ」
ウルトラ軽量に加え、「超高解像度ディスプレイ」もLaVie Z(IGZOモデル)の魅力だ。今回はこのディスプレイの使い勝手と応用方法を考えてみた。

news107.jpg SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。

news057.jpg NUCやUltrabookをもっと速く:アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。

news033.jpg SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第2回):「UPS」を正しく選ぶコツ――容量の計算方法は? 給電方式とは?
「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品選びまで、順序立てて解説する本連載。第2回は、UPSの選定で知っておくべき、容量の計算方法や給電方法の違いを紹介する。

news032.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第4回 大きく変わった「5ボタントラックパッド」を快適に使えるようにする、2つのコツ
業務に使うPCとして積極的にThinkPadを選んできた理由の1つに「トラックポイント」がある。今でもノートPCに搭載するポインティングデバイスとして唯一無二の存在だと確信しているが……。