ニュース
» 2005年03月24日 14時49分 UPDATE

日立ソフト、「機密用Windows」を構築するセキュリティ対策システム

日立ソフトウェアエンジニアリングは、1台のPCに2環境のWindowsOSを組み込み通常利用と機密用との環境を分離して用いることができる「2系統Windowsシステム」を発表した。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは3月24日、1台のPCに2環境のWindowsOSを組み込むことで、通常利用と機密用との2環境を分離して用いることができるセキュリティシステム「2系統Windowsシステム」を発表した。

 2系統Windowsシステムでは、セキュアOSであるSELinuxの上に、仮想構築ツールVMWareを用いてWindows OSを2環境構築し、一方をインターネットにアクセス可能な一般用、もう一方を機密情報を取り扱う機密用として分離する。2つのWindows環境は、日立ソフト独自のゲートウェイ「セキュリティゲート」にて一部を除き遮断されており、SELinuxとの組み合わせにより情報漏洩やウイルス感染を未然に防止する。

photo 2系統Windowsシステムの概略図

 機密用環境ではインターネットへのアクセスは不可となっており、一般用環境からテキストや図表のみの取り込みが可能。ネットワークを介して2系統Windowsシステム搭載PC同士の接続を行なった場合には、機密用同士、また一般用同士では従来どおりにデータ交換できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.