レビュー
» 2005年12月05日 15時29分 UPDATE

軽量で耐150キロのボディで7時間バッテリー駆動──「NEC VersaPro UltraLite」 (1/3)

ビジネス向けノートPCとして新たに登場したこのノートPCは見かけは「ごつい」が、手にとると驚くほど軽く、そして長時間のバッテリー駆動が可能だという。ということで、実際に外に持ち出して使ってみることにした。

[長浜和也,ITmedia]

 NECが発表した新しいVersaProラインアップのノートPCは、携帯重視タイプのワンスピンドルノートだ。NECの携帯重視型ノートというと、現在は直販モデルのみとなった「LaVie G タイプJ」、いわゆる「J」ノートが思いつくだろう。現在のIntel 915搭載モデルはやや厚くなってしまったものの、薄型軽量のJノートは数少ない1キロ級のワンスピンドルノートとして、モバイルユーザーに少なからず支持されてきたモデルだ。

kn_versazen.jpg 12.1インチ(最大解像度1024×768ドット)液晶ディスプレイを搭載したワンスピンドルノートのVersaPro UltraLite。重さ1キロ前後で約7時間のバッテリー駆動が可能

 今回登場したVersaPro UltraLiteは、「J」のような「薄型」ではない。液晶ディスプレイ天板はLet's noteの「ボンネット構造」を思わせるカットが施され、やや厚ぼったい。そのため、昔の「J」を期待しているとその見た目にちょっと失望するかもしれない。

 しかし、いったん手に持ってみるとその軽さにきっと驚かされるだろう。見た目は「うーん、1.5キロ級かな?」と思わせる厚みを持ちながら、その重さは最軽量構成時で996グラムと1キロを切る。

 この軽さを実現している要因はいろいろある。基板面積を従来の「J」と比べて半分程度に切り詰め、かつ、電源回路部分も46%に削減。筐体を構成するパネルもマグネシウムのパネルを0.5ミリという薄さにしている。しかし、なんといっても軽量化に貢献しているのはバッテリーパックが「4セル」であることだろう。

kn_versamigi.jpg 右側面はPCカードと耐久性のある部材を採用したUSB 2.0コネクタ。マウスの操作性を配慮して手前側にはインタフェースを設けていない

kn_versaleft.jpg 一転して左側面はVGAに2つのUSB、LANにモデムとにぎやかになる。気になるのがLANコネクタの位置。最近のオフィスでは有線LANしか使わせないケースが多いが、そういう場合、左手前にLANケーブルを差すことになる。コネクタが手に干渉するわけではないが、なんとなく「むずむず」して気になってしまう。VGAと場所を交換してみてもよかったかもしれない

kn_versaura.jpg 裏面の真ん中に見えるのはメモリスロットの蓋。VersaPro UltraLiteはオンボードでメモリを256Mバイト搭載する。メモリスロットを1つ持ち、こことオンボードで最大1.28Gバイトまで実装できる。筐体の裏を見て分かるように、VersaPro UltraLiteはファンレスではない

kn_versaoldb.jpg

kn_versanewb.jpg 上が従来の「J」ノートの基板で下がVersaPro UltraLiteの基板。従来6層だった基板を「高密度2段ビルドアップ基板」にすることで、「8層」で従来比45%の基板面積を実現。重量も38%軽くなったという
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.