レビュー
» 2006年01月20日 17時35分 UPDATE

週末アキバPick UP!レビュー:分離式カードリーダー搭載の“欲張り”5インチベイユニット「COOLPANEL2」を試す (1/2)

アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、2005年11月に登場したAEROCOOL製5インチベイタイプのインタフェースユニット「COOLPANEL2」を導入してみた。

[古田雄介(アバンギャルド),ITmedia]

 PCケースの空いているベイにカードリーダーや、USBなどの端子類を搭載できるマルチインタフェースユニットはアキバでもそこそこ継続的に売れる製品群となっている。5インチベイサイズのパーツは光学ドライブ以外にさほど取り付けるものもないわりには、ミドルタワーケースであれば4つほどベイが搭載されているからである。

 そのようななか、メモリカードリーダーやファンコン以外に、ビデオ入力端子やUSBやSerial ATAなど含めてかなり多数のインタフェースを備える製品も増えてきた。今回紹介するAEROCOOL「COOLPANEL2」も個性ではほかに引けをとらない“欲張り”製品だ。

photo AEROCOOL「COOLPANEL2」。このブラックカラーモデルのほか、シルバーカラーモデルが用意される。価格は5500円前後(ITmedia +D Shoppingで最安値をチェックする)

 COOLPANEL2が搭載する機能は、メモリカードスロット/USB/IEEE1394/MIC-IN/LINE-IN/OUT/Serial ATA+Serial ATA電源/ファンコン(温度センサー×4付き)/温度表示パネルと盛りだくさん。これらが5インチベイサイズにぎゅっと詰め込まれている。なおSerial ATAは電源用コネクタも備え、内蔵用のHDDなどをそのまま外付けで利用できるようになっている。

photo 機能盛りだくさんだけあって、付属ケーブルも大量

メモリカードリーダー“だけ”取り外せるギミックが泣かせる

 メモリカードリーダー部は、なんとそれだけ取り外せる構造になっている。ここが本機のポイントの1つだ。本体とはUSB2.0にて奥で接続されているだけであるため、分離し、携帯型メモリカードリーダー単体としても使えるのである。対応メディアはCF、マイクロドライブ、SDメモリカード、MMC、メモリースティック、スマートメディア。

 手前の取っ手をひっぱるとコネクタが外れ、取り外せる。指を入れる隙間が少ないので取っ手をつかむのにコツがいるが、引き抜きにはさほど力はいらない。たとえばモバイル用として携帯し、家ではメインマシンに装着して活用するといったシチュエーションが考えられる。だからどうしたとなるだろうが、外付けタイプと違って、マシンの周囲にケーブルを伸ばさなくて済み、装着する楽しさが都度得られるのがメリットだとむりやり納得することにする。

photo カードリーダーはHDDモバイルラックのように、取っ手を持って水平に引っ張ると取り出せる。どうせならボタンを押すと電動で出てくるとかだともっとわくわくしそうだが
photo 分離したカードリーダーは手で覆えるほどの小型サイズだ

あの……カバーがじゃまなのですが

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.