レビュー
» 2007年02月15日 12時00分 UPDATE

大画面ワイド液晶集中レビュー:2560×1600ドットの解像度をみんなに──デル「3007WFP」 (1/2)

ハイエンドGPUで「価格に見合ったパフォーマンス」をたたき出すには超高解像度が表示できる30インチのディスプレイが必要。ということで登場から1年経つお手ごろ価格の製品を使ってみた。

[長浜和也,ITmedia]
kn_37wzen.jpg “比較的”低価格の30インチワイド液晶ディスプレイ「3007WFP」

 デルの30インチワイド液晶ディスプレイ「3007WFP」は「大画面サイズの液晶ディスプレイをできる限り低価格で提供する」製品だ。このぐらいのサイズになると、普通はAV利用を重視した高画質高機能、そして高価格という、そのメーカーのディスプレイラインアップでフラグシップとなりうる製品になるが、デルにおいては、そういう意味のフラグシップは先日発表されたばかりの「2707WFP」といえるかもしれない。

 2707WFPは画面サイズ27インチワイドに最大解像度1920×1200ドットと、この数値だけ比べれば3007WFPよりひと回り下ということになる。しかし、画像入力インタフェースにHDCP対応のDVI-D、コンポーネント、コンポジット、S-Videoなどを用意するなど、AVコンテンツの視聴を想定した機能が用意されているのに対して、3007WFPでは、HDCPに対応したDVI-Dは用意されているものの、そのほかのインタフェースは搭載していない(今ではそれほど重要ではないがアナログRGBも3007WFPは持っていない。ちなみに2707WFPは搭載している)。

kn_37wleft.jpg 左側面にCFカード/SDメモリーカード、メモリースティック/MMCカードのスロットとUSBを用意している。右側面にはインタフェースを持たない
kn_37wbach.jpg 背面には電源コネクタ、オプションのサウンドバー用電源コネクタ、DVI-D、USB(アップストリーム)、USB(ダウンストリーム)を持つ

 3007WFPは、輝度400カンデラ/平方メートル、視野角上下方向左右方向ともに178度、コントラスト比700:1、応答時間(黒から白で)14ミリ秒、(グレーからグレーで)11ミリ秒というスペックを有する。この値を最新の2707WFPと比べると、視野角は同等ながらも輝度、応答速度、コントラスト比は2707WFPが優れていることになる。3007WFPが2005年の12月に登場した製品で2707WFPが2007年に登場した製品という「世代の差」と「液晶パネルのサイズからくる限界」という事情はもちろんあると思うが、しかし、エントリークラスの2407WEPのインタフェースにもコンポジット、S-Video、コンポーネントが用意されていることから考えれば、3007WFPが「大画面をできるだけ手ごろな価格で」という目的を重視しているのは容易に想像できると思う(ちなみに輝度、コントラスト比、応答速度も2404WFPが優れている)。

kn_37wtilu.jpgkn_37wtild.jpg 3007WFPのスタンドは仰角俯角でチルト可能。さらに、スタンドアーム(画面の黒い部分)を上下にスライドさせると9センチほどディスプレイの高さを調整できる

kn_37wgyou.jpgkn_37wlpan.jpgkn_37wrpan.jpg 3007WFPの視野角は上下左右ともに178度となっている。スタンドを使って左右上下に振ってもその表示される色はほぼ変化しない

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.