ニュース
» 2007年05月08日 12時15分 UPDATE

Photoshopは上位版が登場:アドビ史上最大の製品発表――「Creative Suite 3」日本語版 (1/3)

「Creative Suite 3」日本語版は、旧マクロメディアのソフトを統合し、目的別に6製品のラインアップを用意。Photoshopには上位版が追加された。

[ITmedia]

6製品にラインアップを拡充したCreative Suite 3

 アドビシステムズは5月8日、プロフェッショナル向け統合デザインソフトスイート「Creative Suite 3」日本語版(以下、CS3)を発表した。収録ソフトの違いにより、DTP向けの「Design Premium」と「Design Standard」、Webデザイン向けの「Web Premium」と「Web Standard」、映像制作向けの「Production Premium」、全機能を網羅した「Master Collection」が用意されている。

 Design Premium、Design Standard、Web Premium、Web Standardは6月下旬より、Production Premium、Master Collectionは7月中旬より出荷される予定だ。また、各製品を構成する主要なソフトは同時に単体発売される。なお、米国ではCS3の英語版が4月16日に出荷された

 動作環境は、Windows XP SP2、Vista Home Premium/Business/Ultimate、Mac OS X v.10.4.8(Production PremiumとMaster CollectionはMac OS X v.10.4.9)の各OSをサポート。今回からインテル製CPU搭載のMacに対応した。

tm0705cs301.jpgtm0705cs302.jpg バージョンアップにともない、パッケージのイラストは植物から抽象的なものに変更された。左から、Design Premium、Design Standard

tm0705cs303.jpgtm0705cs304.jpg 左から、Web Premium、Web Standard

 CS3の各製品を構成するソフトは下表の通り。アドビシステムズの映像制作向け統合ソフトスイート「Production Studio」に加えて、旧マクロメディアによるWebデザイン向け統合ソフトスイート「Studio 8」に含まれていたソフトをすべて統合し、目的別に6つのスイートを設けている。

 Design Premium/StandardはCreative Suite 2(以下、CS2)の後継製品、Web Premium/StandardはStudio 8の後継製品、Production PremiumはProduction Studioの後継製品に相当し、Master Collectionはこれらすべての機能を備えた最上位製品という位置付けだ。

Creative Suite 3の製品構成
Design Standard Design Premium Web Standard Web Premium Production Premium Master Collection
InDesign CS3 × × ×
Acrobat Professional 8.0 × ×
Photoshop CS3 Extended × ×
Photoshop CS3 × × × × ×
Illustrator CS3 ×
Flash CS3 Professional ×
Dreamweaver CS3 × ×
Contribute CS3 × × ×
Fireworks CS3 × × ×
After Effects CS3 Professional × × × ×
Premiere Pro CS3 × × × ×
Soundbooth CS3 × × × ×
Encore CS3(Premiere Proに同梱) × × × ×
On Location CS3(旧DV Rack) × × × ×
Ultra CS3 × × × ×
Bridge CS3
Device Central CS3
Version Cue Server CS3 ×
On Location CS3はWindows版しかないが、Macintosh版Premiere Pro、Production Premium、Master Collectionにも含まれる。Ultra CS3はWindows版のみでMacintosh版の製品には同梱されない

 これまでマクロメディアのWebサイト作成ソフト「Dreamweaver 8」は、「Creative Suite 2.3 Premium」に添付されていたが、今回最新バージョンの「Dreamweaver CS3」がCS3に統合されたことで、CS2に付属していたアドビシステムズのWebサイト作成ソフト「GoLive CS2」は省かれた。GoLiveの最新版は別途発売する予定という。

 また、Photoshopに上位版の「Photoshop CS3 Extended」が追加された点、携帯電話向けのモバイルコンテンツ制作環境を実現する「Device Central CS3」が搭載された点、アドビ製品と旧マクロメディア製品の連携が強化されてファイルブラウザの「Bridge CS3」上でFLVやSWF形式のファイルをプレビューできるようになった点などが、大きなトピックだ。

 CS3に含まれる各ソフトの概要は以下の通り。

Creative Suite 3収録ソフトの概要
製品名 用途 主な特徴
InDesign CS3 DTP Photoshopベースの透明/オブジェクト効果。複数ファイル一括配置、マルチファイルプレース。表スタイルとセルスタイルを搭載。検索/置換機能の強化。XHTML出力サポート
Acrobat Professional 8.0 PDF作成 昨年11月に発売された製品と同様
Photoshop CS3 Extended ビットマップ画像編集 Photoshop CS3の機能拡張版。3D画像とテクスチャの編集。モーショングラフィックスとビデオレイヤー。画像解析ツール
Photoshop CS3 ビットマップ画像編集 画像劣化を防ぐスマートフィルタ。クイック選択と境界線を調整ツールによる範囲選択の容易化。インタフェースとパレット管理の変更。RAW画像処理の改良。リッチな白黒画像変換。32ビットHDR(High Dynamic Range)サポート
Illustrator CS3 ベクトル画像編集 ライブカラーによるカラーバリエーション作成の高速化。Photoshopライクな消しゴムツール。コントロールパネル/アンカーポイントの操作性向上。下位バージョンファイルのカーニング互換向上。Flashとの連携強化
Flash CS3 Professional Flachコンテンツ作成 Photoshop/Illustratorとの連携強化。Illustratorと同じ操作性のペンツール。モーションやフィルタのコピー&ペースト機能。ActionScript 3.0デバッガ
Dreamweaver CS3 Webサイト作成 Photoshopとの連携強化。AjaxフレームワークのSpryによるコンテンツ構築の容易化。CSSレイアウト環境の向上
Contribute CS3 Webサイト管理 複数Webサイトの一元管理。Webサイト毎に編集権限を付与可能。WYSIWYGでブログ更新
Fireworks CS3 Web用画像作成 Photoshop/Illustratorのネイティブレイヤー対応。Photoshopのライブエフェクト対応。Illustrator CS3ファイル読み込み(文字化け解消)
After Effects CS3 Professional モーショングラフィックス作成 シェイプレイヤー、パペットツール、ブレインストームを搭載
Premiere Pro CS3 動画編集 タイムリマップで高品位なスローモーションを実現
Soundbooth CS3 音楽編集 平易なインタフェースによるオーディオ制作
Encore CS3(Premiere Proに同梱) DVDオーサリング Blu-ray Disc、Flashへの出力に対応
On Location CS3(旧DV Rack) ビデオカメラモニタリング DV、HDVカメラからの映像情報をモニタリングしながらHDDにキャプチャ
Ultra CS3 キーイング/背景合成 DV、HDVカメラ対応のリアルタイムキーイング
Bridge CS3 ファイルブラウザ 3列からなるレイアウト。複数枚のプレビュー。写真のスタック機能。ルーペツール。マルチディスプレイ向けに同期されたウィンドウ機能
Device Central CS3 携帯機器エミュレート 日本の3キャリア、6社以上の端末メーカーをカバー。100を超える端末情報。パフォーマンスデータ、画面解像度、電池残量、ネットワークステータスの確認
Version Cue Server CS3 バージョン管理 複数のファイルバージョンを一元管理

tm0705cs305.jpg 各ソフトのアイコンはシンプルなデザインに変更された。並べるとカラーパレットのようなグラデーションになる

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-