ニュース
» 2007年07月17日 17時20分 公開

コレガ、RAID-5/ギガビット接続対応のNASキット「CG-NSC4500GT」

コレガは、計4台のSerial ATA HDDを搭載可能なギガビット接続対応NASキット「CG-NSC4500GT」を発売する。

[ITmedia]
photo CG-NSC4500GT

 コレガは7月17日、計4台のHDDを搭載可能なギガビット接続対応NASキット「CG-NSC4500GT」を発表、7月中旬より発売する。価格は5万9829円(税込み)。

 CG-NSC4500GTは、最大4台の3.5インチSerial ATA HDDを搭載可能なNASキットで、RAIDレベルはRAID-0/1/5/10、およびRAID-5+スペア構成にも対応。接続インタフェースはギガビット接続をサポートしているほか、周辺機器接続用のUSBポート2基を備えている。

photo ハードディスク装着イメージ図

 稼動状態のまま障害HDDを交換できるホットスワップに対応。HDDの入れ替えは、HDDをネジで固定した専用の付属のトレイをケース前面から出し入れするだけの簡単仕様となっている。

 その他の機能として、Webサーバ機能/FTPサーバ機能、およびプリントサーバ機能を搭載。またUPS(無停電電源装置)も利用可能となっている。本体サイズは153(幅)×229(奥行き)×178(高さ)ミリ、重量は2.2キロ(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう