ニュース
» 2007年09月27日 15時42分 UPDATE

MS、個人マネー管理ソフト最新版「Microsoft Money Plus Edition」

マイクロソフトは、個人マネー管理ソフト「Microsoft Money」の最新版「Microsoft Money Plus Edition」を発表した。本体を起動することなくデータ確認を行えるガジェット機能など、各種機能強化がなされている。

[ITmedia]
photo Microsoft Money Plus Edition

 マイクロソフトは9月27日、個人マネー管理ソフト「Microsoft Money」の最新版「Microsoft Money Plus Edition」を発表、10月26日より発売する。価格は「Microsoft Money Plus Edition パッケージ版」が1万1800円、「Microsoft Money Plus Edition パッケージ版 書籍付き」が1万3000円、「Microsoft Money Plus Edition ダウンロード版」が1万800円、「Microsoft Money Plus Edition ダウンロード版 バージョン アップグレード」が6800円。

 Microsoft Moneyは、銀行やクレジットカード、証券などの管理や日々の収支やローンなどを総合的に扱える個人向けのマネー管理ソフト。今回発表となった最新版のMicrosoft Money Plus Editionでは、本体を起動せずに各種データの確認や通知機能を利用できるガジェット「マイクロソフト マネー インサイト」を装備したのが特徴となる。

 MSN提供によるオンラインサービス「MSN マネー残高照会サービス」との連携機能も装備。各金融機関のサイトにアクセスすることなく取引明細をダウンロードできる「自動明細ダウンロード機能」の無償利用期間は、本バージョンでは最長で2年間となっている(前バージョンでは1年間)。

 対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう