ニュース
» 2008年01月29日 15時30分 UPDATE

2008年PC春モデル:CPUを強化し、限定100台のレッドモデルも投入――パナソニック「Let'snote」 (1/2)

モバイルノートPC「Let'snote」シリーズの2008年春モデルは、CPU性能の強化、Windows XPダウングレードDVDの付属、100台限定モデルがポイントだ。

[ITmedia]

Let'snote 2008年春モデルの主な特徴

ラインアップ

  • 新シリーズの追加は見送り
  • プレミアムエディションに3つの新色を追加
  • プレミアムエディションに100台限定のプロミネントレッドモデルを用意

ハードウェア

  • 全モデルでCore 2 Duoを高クロック化
  • CF-Y7のWeb限定ハイスペックモデルのHDD容量を増量

ソフトウェア

  • 全モデルにWindows Vista Businessを採用
  • Windows XP Professional(SP2)のダウングレードDVDが付属


tm0801lets01.jpg 10.4インチ液晶搭載の1スピンドルモデル「CF-R7」

 パナソニックは1月29日、モバイルノートPC「Let'snote」シリーズの2008年春モデルを発表した。2月15日より順次発売する予定だ。2007年秋冬モデルと同様、個人向け店頭モデルのLet'snote LIGHTシリーズ、法人向けのLet'snoteシリーズ、直販のマイレッツ倶楽部モデルにそれぞれ「CF-R7」「CF-W7」「CF-T7」「CF-Y7」の4シリーズが用意されている。

 前回はCF-W7CF-T7において、ボディを一新するなど大幅な変更があったが、今回はCPUの高速化を中心としたマイナーチェンジとなっている。ソフトウェア面では、プリインストールOSにWindows Vista Businessを採用していながら、新たにWindows XP Professional(SP2)のダウングレードDVD-ROMも付属するようになった(前モデルはWindows XPダウングレードサービスの申し込みが必要だった)。

 基本スペックの変更点に関しては、CF-W7CF-T7CF-R7のCPUを店頭モデルでは超低電圧版Core 2 Duo U7500(1.06GHz)から同U7600(1.2GHz)に、直販限定ハイスペックモデルでは超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.2GHz)から同U7700(1.33GHz)に強化した。CF-Y7においては、店頭モデルのCPUを低電圧版Core 2 Duo L7500(1.6GHz)から同L7700(1.8GHz)に高速化したほか、直販限定ハイスペックモデルのHDD容量を従来の160Gバイトから250Gバイトに増量している。

 それ以外の基本スペックは従来モデルを継承している。ボディのデザインにも変更はなく、天板への100kgf加圧振動、動作時76センチ落下試験(底面)、非動作時30センチ落下試験(26方向)の実施といった堅牢設計は健在だ。全モデルでキーボードの全面防滴に対応しており、CF-Y7CF-W7CF-T7はこぼした水を底面の水抜き穴へ誘導する「ウォータースルー構造」も採用する。

tm0801lets02.jpgtm0801lets03.jpgtm0801lets04.jpg 左から、12.1インチ液晶を備えた1スピンドルモデル「CF-T7」、同じく12.1インチ液晶搭載の2スピンドルモデル「CF-W7」、1400×1050ドット表示の14.1インチ液晶を採用した2スピンドルモデル「CF-Y7」


100台限定のプロミネントレッドモデルを用意

 直販モデルでは、CF-R7をベースとした高級モデル「プレミアムエディション」が目玉だ。従来モデルと比較した場合、CPUを超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.2GHz)から同U7700(1.33GHz)に強化し、天板のカラーを4色から選択できるようにしたのが主な変更点だ。天板のカラーは、既存のジェットブラック(つや消し)に加えて、光沢があるプロミネントレッド、スパークリングブラック、ミッドナイトブルーを用意している。

tm0801lets05.jpgtm0801lets06.jpgtm0801lets07.jpg 左から、プロミネントレッド、スパークリングブラック、ミッドナイトブルー

 このうち、多層塗装のプロミネントレッドモデルは100台限定となっており、2Gバイト(1Gバイト×2)のメインメモリを搭載し、漆塗りのUrushi USBメモリ(1Gバイト)が付属した構成で、価格は32万6000円になる。ほかのモデルの価格は、26万8000円からだ。

 そのほか、250GバイトのHDDやIntel Turbo Memory(1Gバイト)といった装備は継承されている。サポートについては、通常の3年保証に盗難保証なども含めた「3年特別保証プレミアムサービス」と、購入後1〜3年間に1度だけ点検が無償で受けられる「レッツノートクリニック プレミアムサービス」も付加される。通常モデルとの違いは下表の通りだ。

Let'snote R7直販モデルのラインアップ
標準 ハイスペック プレミアムエディション
OS Vista Vista、XP Vista XP Vista
CPU Core 2 Duo U7600(1.2GHz) Core 2 Duo U7700(1.33GHz) Core 2 Duo U7700(1.33GHz)
メモリ 1Gバイト 2Gバイト
HDD 80Gバイト 160Gバイト 250Gバイト
バッテリー駆動時間 7.5時間 7時間 7.5時間 7時間
重量 約0.94キロ 約0.95キロ
カラー天板 11色 3色(非光沢ブラック、光沢ブラック、光沢ブルー) 光沢レッド
Intel Turbo Memory
サービス 3年保証(無償)、3年特別保証(有償) 3年特別保証プレミアムサービス(無償)、レッツノートクリニック プレミアムサービス(無償)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.