ニュース
» 2008年02月26日 21時15分 UPDATE

東芝、SATAの1.8インチHDD

東芝はインタフェースにSATAを採用した1.8HDDの量産を4月以降に始める。SATAを採用した1.8HDDは同社初。

[ITmedia]
画像 「MK1216GSG」(左)と「MK8016GSG」。サイズは78.5(高さ)×54(幅)×8(奥行き)ミリ

 東芝は2月26日、インタフェースにSerial ATA(SATA)を採用した1.8インチHDD「MK1216GSG」(120Gバイト)と「MK8016GSG」(80Gバイト)の量産を4月以降に始めると発表した。1.8インチHDDでSATAを採用したのは同社初。

 回転数は5400rpmと従来より29%高速化した。平均シーク時間は15ミリ秒。2.5インチHDD並みのデータ転送速度を実現し、同容量の2.5インチHDDよりも静かという。2ディスク構成で厚さは8ミリ。

 同日から中国・上海で開かれる「Intel Mobility Summit」に出展する。

 同社は2000年に1.8インチHDDの生産を開始し、今年1月に累計生産台数6000万台を突破している。

関連キーワード

東芝


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう