ニュース
» 2008年02月29日 13時15分 UPDATE

日本HP、法人向けの低価格スリムデスクトップPC「dc5800 SF」

日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス向けスタンダードモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「dc5800 SF」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo dc5800 SFシリーズ

 日本ヒューレット・パッカードは2月29日、ビジネス向けスタンダードモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「HP Compaq Business Desktop dc5800 SF」、およびカスタマイズ対応モデル「同 dc5800 SF/CT」を発表した。価格はdc5800 SFシリーズが7万5600円から、dc5800 SF/CTが6万5100円から(双方税込み)。

 dc5800 SFシリーズは、マザーボードとしてIntel Q33 Expressチップセット搭載製品を採用し、Core 2 Duo E8200/E8400の搭載にも対応したスリムデスクトップPC。従来モデル「dc5700 SF」比で約17%のコンパクト化を実現した省スペース筐体を採用、工具なしで内部にアクセスできるイージーメンテナンス設計となっている。

 標準構成仕様は、メモリがDDR2 512Mバイト〜1Gバイト(最大2Gバイト)、HDDは80Gバイト。グラフィックス機能はオンボード搭載のIntel GMA 3100を利用可能なほか、拡張スロットとしてロープロファイルのPCI Express x16スロットなども利用可能となっている。

関連キーワード

HP | Core 2 Duo | CPU | Intel


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう