ニュース
» 2008年03月21日 14時41分 UPDATE

日本HP、大画面4インチVGA液晶を搭載した「iPAQ 212」を発売

日本HPは、4インチ(480×640ドット表示)液晶を搭載したWindows Mobile 6 Classic機「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」を発表した。

[ITmedia]
og_hp_001.jpg HP iPAQ 212 Enterprise Handheld

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は3月21日、PDAの新モデル「HP iPAQ 212 Enterprise Handheld」(以下、iPAQ 212)を発表、同日よりHP Directplusで販売を開始した。価格は5万2500円。

 iPAQ 212は、480×640ドット表示対応の4インチ液晶を搭載したPDA。CPUにMarvell PXA310(624MHz)を採用し、256MバイトFlash ROMと128MバイトSDRAMを搭載する。ネットワーク機能は、無線LAN(IEEE802.11g/b)とBluetooth 2.0+EDRに対応。インタフェースは、SDメモリーカードスロット(SDHC/SDIO/MMC)とCFカードスロットに加えて、mini USBと24ピンコネクタ(専用ケーブルによりUSB 2.0、データ通信および高速充電に利用可能)を備える。このほか、ヘッドフォン端子とマイク端子、およびモノラルスピーカーを内蔵する。OSはWindows Mobile 6 Classic。

 本体サイズは76(幅)×126(奥行き)×16(厚さ)ミリ、重量は標準バッテリー搭載時で192グラム。バッテリー駆動時間は、非通信時で最大約10時間となっている。なお、iPAQ 212は、常設展示スペースのHP Directplus Stationで展示される予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう