ニュース
» 2008年04月15日 20時14分 UPDATE

“パソコンの次”を発明?:自宅のPCをポケットに入れて持ち歩く――NEC「Lui」発表会 (1/2)

自宅に設置した高性能サーバを手のひらの端末で操作する――NECがユビキタス時代の新ソリューションとしてコンセプトを説明してきた「Lui」が、ようやく発売される。

[後藤治,ITmedia]
og_lui_002.jpg NECパーソナルプロダクツ代表取締役社長の高須英世氏

 NECとNECパーソナルプロダクツは4月15日、ホームネットワークソリューション「Lui」の詳細を発表した。「パソコンの次を発明したかった。」――発表会のオープニングでスライドに流されていたメッセージが示すように、Luiは今までNECが市場に投入してきた“PC”とは一線を画すものだ。

 冒頭に登壇したNECパーソナルプロダクツ代表取締役社長の高須英世氏は、1990年代に同社が製品化した一体型PC「CanBe」や電子メール端末「MobileGear」などを挙げ、「NECは今まで常にライフスタイルの変化にあわせた商品開発を行い、数多くの利用提案をしてきた」と振り返り、「(WiMAXで)目前に迫ったユビキタス時代に向けて、PCによる新たなデジタルライフスタイルを提案する」とLuiを商品化した背景を説明した。

og_lui_001.jpg

 Lui(Life with Ubiquitous Integrated solutions)は、デジタルコンテンツをサーバPCで一元管理し、家庭内や外出先から「いつでもどこでも」「好きなときに好きなところで」(同氏)で利用するための製品群を指す。その技術コンセプトは、昨年10月に開催された「CEATEC JAPAN 2007」から継続して説明が行われてきたが、高須氏は特に「iEXPO2007」でLuiを出展した際に、業界内で非常に大きな反響があったと述べ、今回の発売に賛同するパートナー各社と連携して“Luiワールド”の拡大を図っていく方針を語った。

og_lui_003.jpgog_lui_004.jpgog_lui_005.jpg Luiの製品コンセプト。デジタルコンテンツを一元管理するホームサーバPCを中心に、家庭内の別の部屋からコンテンツの視聴や地デジ番組の録画、視聴などを行う「コンテンツオンデマンド」と、PCリモーターと呼ばれる携帯端末によってホームサーバPCの機能を外出先から利用する「PCオンデマンド」の2つを提供する(写真=左)。Luiのコンセプトに対して、9割以上の人がコンテンツオンデマンド、PCオンデマンドを魅力的だと回答しているという(写真=中央)。現在のパートナー企業各社(写真=右)

ハイビジョン放送の同時2番組録画&2番組配信に対応――「Lui SX」

og_lui_006.jpg Luiを構成する製品群

 続いて、NECパーソナルプロダクツ株式会社 ユビキタス事業開発本部長の栗山浩一氏がLuiを構成する製品ラインアップの概要を説明した。

 ホームネットワークの中心に置かれるサーバPC「Lui SX」は、光学ドライブと録画用のHDD容量で差別化した2モデルが用意される。上位モデルの「SX700/1G」はBlu-ray Discドライブを備え、録画用に1TバイトのHDDを搭載。下位の「SX500/1G」は、DVDスーパーマルチドライブと500GバイトHDDの構成になる。そのほかの仕様は共通で、CPUにCore 2 Duo T7200(2.0GHz)、チップセットにIntel 945GM Expressを採用し、メモリ容量が2Gバイト、PC側のHDD容量が320Gバイト、グラフィックス機能としてATI Mobility Radeon HD 2600を搭載する。キーボードとマウスはSX専用に用意したワイヤレスモデル。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)。

 Lui SXは、PC部とレコーダー部を分けた「ハイリライアブルデザイン」構造を採用しており、TV番組の録画中でもPC側の性能が犠牲にならないのが特徴。「今までにもネットワーク配信ができるPCはあったが、録画中は動作が重くなった。(Lui SXは)レコーダー部を独立させたことで、番組録画中でもPC機能がサクサク動く」(栗山氏)。また、HDDの高速アクセス技術とコンテンツ配信専用LSIの実装により、ハイビジョン放送の2番組同時録画/同時配信を実現した。

og_lui_007.jpgog_lui_008.jpgog_lui_009.jpg リビングルームでの利用が想定されるLui SXのフロントマスクは、光沢感のあるブラックとヘアライン加工されたアルミでデザインされており、AV機器のようだ(写真=左)。右側にステータスインジケータが配置されている。ノブのようにも見えるが、システムの状態にあわせて光るだけ(写真=中央)。Lui SXの背面。リビングの大画面TV用にHDMI端子を備えているのも目を引く

og_lui_010.jpgog_lui_011.jpgog_lui_012.jpg 大柄な筐体に似合わずノートPC向けのコンポーネントを採用している。筐体内の4つのファンで効率的な冷却を行う「エアサイレンス」技術とあわせて、リビングPCとしての高い静音性を実現している(写真=左/中央)。エアフローは右側面から吸気し、背面に排気する構造で、熱に弱いHDDは冷却しやすい右側面に並んでいる(写真=右)

og_lui_013.jpgog_lui_014.jpgog_lui_015.jpg デジタルコンテンツを管理し、デジタルTV番組の録画・視聴を行うのは、「Lui Station」と呼ばれる10フィートUIの統合ソフトウェアだ(写真=左)。録画番組の履歴から「おすすめ番組」をリストアップする機能もある(写真=中央)。Lui SX用のリモコン(写真=右)

og_lui_015_2.jpgog_lui_015_3.jpgog_lui_015_4.jpg 番組表のUIは、3チャンネル/5チャンネル表示のほか、登録したチャンネルを表示する「マイ番組表」がある

 発売日は4月24日。価格はオープンで、NEC DirectではSX700/1Gが37万9890円、SX500/1Gが32万9910円になる見込み。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.