ニュース
» 2008年06月04日 09時00分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2008:Atom搭載のNetBookとNettop、そしてマザーボードが大集結 (1/2)

IDF上海でインテルが主役に据えたのは「NetBook」と「Nettop」だった。同じアジアのイベント「COMPUTEX TAIPEI 2008」でもインテルは同じメッセージを繰り返した。

[長浜和也,ITmedia]

 6月3日、インテルはCOMPUTEX TAIPEI 2008の基調講演に続くセッションでNettopとNetBookをアピールするイベントを行った。

 そこで発せられたメッセージは、すでにIDF上海などで紹介されている「45ナノメートルプロセスを採用してHigh-Kを導入したAtomは高性能ながら省電力を実現」「ダイサイズが縮小して1枚のウエハから多数のチップが製造できるおかげでコストも抑えられる」「インターネットで供給されるサービスによってユーザーは多くのことを共有でき、豊かなデジタルライフを享受できるようになった」「低価格のNettopとNetBookでインターネットサービスを利用すれば、家族みんなが幸せ」という内容であった。

 このセッションの注目は、スピーチの後にオープンされたShowcaseだ。IDF上海でもNettopやNetBook、そして、Atom対応のマザーボードなどが展示されていたが、COMPUTEX TAIPEI 2008で設けられたShowcaseでは、それを上回る多数の製品が展示されていた。

 ただ、製品に関する資料や説明のPOPなどはほとんど提示されていなかったため、ここでは、Showcaseに登場したこれらの製品を画像を中心に紹介していく。主要な製品の詳細については今後のブースリポートで明らかにされる予定だ。

「スタイリッシュ!」と「ジョーク?」が混在するNettop

インテルが出展した「Pot PC」はまったく同じ形状をした大小のユニットで構成されている
C-Mediaの「CBOX-100S」

Founderの「N110」
Shuttleの「KPC-K58」

Pegatronの「Bee」は、タッチパネルを搭載した液晶ディスプレイを組み合わせることで、タッチオペレーションを可能にしていた
Lenovoの「Qitian E」
Lemelの「Q PC Smart」

DIGN Labの「Wall PC」は小型の液晶ディスプレイをうまくボディに組み込んだ一体型PCで、そのデザインは多くの来場者の注目を集めていた

ASUSの「Eee Box」
インテルの「T3310-SC」
ECSの「MD100」

「いいスタイルしていますね」──デザイン勝負のNetBook

ASUSの「Eee PC 1000」。低価格を売りにしたEee PCも「大型」「高機能」「高価格」の道を歩み始めている
同じASUSの新世代NetBookとなる「Eee PC 901」。今回発表された新シリーズでEee PCもAtom世代に移行した
あざやかな黄色のボディが目立っていたAmtekの「Elego」

ECSの「J10IL」
そして、この「G10IL」の2モデルをECSは展示していた。「J」と「G」、この違いがどこにあるのか、ちょっと見ただけでは分からない。まさか色違いだけということはないと思うが

GIGABYTEの「M912」と「M724」は、Netbookでは珍しいコンパチブルボディを採用している

Mitacの「Rivebdell」
Haierの「81004」
IDF上海で登場して注目を集めた第2世代Classmate PCも展示されていた

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう