ニュース
» 2008年09月22日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:デュアルコアAtomが登場「……こ、これは、PenDアーキテクチャ!?」 (1/4)

デュアルコアのAtomを搭載したmini-ITXマザーがアキバに登場した。多くのショップがヒットを確実視するものの、“デュアルコア”自体を評価する声は少ない。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

実用性に磨きがかかって1万2000円――デュアルコアAtomに大ヒットの可能性

og_akiba_001.jpg インテル「D945GCLF2」

 以前からウワサが流れていた“デュアルコアAtom”搭載マザーが、9月21日から複数のショップに並んだ。登場したのはインテルの「D945GCLF2」で、価格は1万2000円弱。「初回ながら、かなり大量に仕入れることができました」(T-ZONE.PC DIY SHOP)と語るショップがいくつかあり、潤沢な数が出回りそうだ。ただし、反響によってはすぐに入手困難になる可能性もあるという。

 D945GCLF2は、デュアルコアのAtom 330(1.6GHz)を搭載したmini-ITXマザー。チップセットにグラフィックス機能内蔵のIntel 945GC Expressを採用し、最大2GバイトのDDR2 667/533を装着できるメモリスロットを1基備える。また、ギガビットLANに対応したほか、Serial ATAポートを2基とSビデオ端子を搭載しているのも特徴だ。拡張スロットはPCIスロット1基。

 事前告知のない状態で発売となったが、入荷したショップはすでにヒットを予想していた。ソフマップ リユース総合館は「シングルコアのAtomマザーは約1万円の低価格で爆発的にヒットしました。D945GCLF2は、そこからわずか2000円高いだけなので、値頃感は高いですよ。CPUがデュアルコアになった以上に、LANが従来の100BASE-TXから1000BASE-Tまで拡張されたのが大きいですね。サーバマシンを組むなら、高速なLAN環境は魅力的。これは売れます」と語る。

 フェイス パーツ館も「CPUの性能アップを過度に期待するのは危険ですが、個人用途のサーバマシンやサブマシンを構築するなら、不足はない仕様です。最初にAtomマザーが登場したころに比べて対応ケースが増えているし、今は格段に導入しやすいです。ヒットは間違いないでしょう」と期待する。

 ただし、これら好意的な意見の中にも、デュアルコアAtom自体を評価する声はほとんどなかった。ある店員さんは「デュアルコアといっても、Core 2 Duoのような効率化がなされているわけでなく、単純にコアを2つ載せただけ。どちらかといえば、無理矢理コアを2つ搭載したPentium Dのような構造です。Coreアーキテクチャではなく、“PenDアーキテクチャ”ですね。さらに、もとがAtomですから、ハイパフォーマンスを求めるのが間違いでしょう。まあ、頻繁にアクセスするサーバを組めば、シングルコアより少し快適になるとか、その程度でしょう」と辛口に語っていた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg D945GCLF2の基板(写真=左)。CPUクーラーを外したところ。ダイが2つ並んでいるのが見える(写真=中央)。背面ポート。USB端子は4基だが、内部端子を使ってさらに4基拡張できる(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.