ニュース
» 2008年09月29日 18時07分 公開

アイ・オー、16:9パネル採用21.6型ワイド液晶など2モデルを予告

アイ・オー・データ機器は、16:9比パネルを採用した地デジチューナー内蔵21.6型ワイド液晶「LCD-DTV222XBR」、21.5型ワイド液晶「LCD-MF221XWR」「同XBR」を発表した。

[ITmedia]
photo LCD-DTV222XBR(左)、LCD-MF221XWR/同XBR(右)

 アイ・オー・データ機器は9月29日、16:9比パネルを採用した地デジチューナー内蔵21.6型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-DTV222XBR」、21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF221XWR」「同XBR」を発表した。いずれも9月30日より開催されるCEATEC JAPAN 2008に出展予定。

 LCD-DTV222XBRは、地上デジタルチューナーを備えた21.6型ワイド液晶ディスプレイで、単体で地上デジタルテレビとして利用できるほか、入力インタフェースとしてHDMI×2、DVI、Sビデオ/コンポジットビデオ/D5端子を装備した。表示解像度は1920×1080ドット。応答速度は5ms、最大輝度は300カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1となっている。

 LCD-MF221XWRおよびLCD-MF221XBRは、1920×1080ドット表示をサポートする21.5型ワイド液晶ディスプレイで、インタフェースはHDMI/DVI/アナログD-Subの3系統を備える。応答速度は5ms、最大輝度は300カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1(DCR ON時1万:1)だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう