ニュース
» 2008年10月17日 14時14分 UPDATE

ドスパラ、デスクトップPC「Prime Galleria」にOPERATION7 推奨モデルを追加

ドスパラは、同社製BTO対応デスクトップPC「Prime Galleria」にゲーム内アイテムの特典が付いた「OPERATION7」推奨モデルを発表した。

[ITmedia]
kn_dospgre_01.jpg Prime Galleria OPERATION7 推奨モデル(ディスプレイはオプション)

 パソコンショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブが10月17日に発表した「Prime Galleria OPERATION7 推奨モデル」は、FPSゲーム「OPERATION7」を快適にプレイできるパフォーマンスを持たせたシステム構成が特徴だ。

 CPUはCore 2 Duo E8500(動作クロック3.16GHz、2次キャッシュ6Mバイト)を搭載し、グラフィックスカードにはGPUとしてGeForce 9600GT(グラフィックスメモリは512Mバイト)が実装されている。チップセットはIntel P45 Expressで、メモリはDDR2-800が2Gバイト、HDDはSerial ATA接続7200rpmで500Gバイト。DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。OSはWindows XP Home Editionがインストール済みだ。

 また、「Prime Galleria OPERATION7 推奨サウンド強化モデル」では、推奨サウンドカードの「Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Champion」が組み込まれている。

 今回発表された推奨モデルを購入したユーザーは、OPERATION7で利用できるアイテムの「GLock18」がプレゼントされるシリアルナンバーを入手できる特典がある。GLock18はサイレンサー付きのハンドガンで、フルオートとセミオートの切り替えが可能だ。

 「Prime Galleria OPERATION7 推奨モデル」の価格は9万5980円、「Prime Galleria OPERATION7 推奨サウンド強化モデル」の価格は12万3980円。それぞれ10月17日から販売を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう