ニュース
» 2011年02月09日 11時51分 UPDATE

メディアプレーヤー用、ちょっと秘密めいた利用にも:PCを“巨大USBメモリ”にしてしまうUSBケーブル──「USBファイル共有アダプタ」

上海問屋で、PCをあたかもUSB外付けHDDのように使えるようにするUSBケーブルが発売された。価格は1999円。

[ITmedia]
photo USBファイル共有アダプタ

 エバーグリーンは、同社直販ショップ“上海問屋”で「USBファイル共有アダプタ」(DN-MSAN2700)を発売した。価格は1999円(税込み、送料別)。

 本製品は、既存のWindows PCをUSBの外付けHDD代わりに使えるようにする機能を備えたUSBケーブル。専用ソフトウェアでPCに仮想ディスク領域を作成し、その領域を別途接続する機器のUSBマスストレージ領域として使用できる。

 共有領域のファイルは読み取り専用となる。USB外付けストレージを接続できるメディアプレーヤーでの利用を想定するほか、家庭内PCでの簡易メディアファイル共有などにも利用できる。インタフェースはUSB 2.0、対応OSはWindows XP以降。ケーブル長は約1.8メートル。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう