ニュース
» 2011年06月08日 08時03分 UPDATE

任天堂「Wii U」のプロセッサはIBM製

任天堂の次世代ゲーム機「Wii U」には、IBM製のPowerベースのプロセッサが搭載される。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 「Wii U」

 米IBMは6月7日(現地時間)、同日に任天堂が発表した次世代家庭用ゲーム機「Wii U」(ウィーユー)に搭載するプロセッサを供給すると発表した。

 Wii Uは、タブレット型の新コントローラを採用しているのが特徴で、Wiiの後継機として2012年に発売の予定だ。

 このプロセッサはPowerベースにカスタマイズしたもので、45nm Silicon-On-Insulator(SOI)技術によるeDRAM(混載DRAM)を採用し、省電力・高速処理を実現しているという。IBMはこのプロセッサを、ニューヨーク州イーストフィッシュキルにある同社の半導体工場で生産する計画だ。

 IBMのプロセッサは、任天堂が2001年に発売したゲームキューブ、2006年に発売したWiiでも採用されている。Wii向けには累計で9000万以上のプロセッサを出荷しているという。

 wii Wii U向けプロセッサを生産するIBMの半導体工場

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう