ニュース
» 2012年02月23日 04時00分 UPDATE

イオン×NTT西×シャープが3社共同で展開:手のひらにイオンスーパー、主婦目線のタブレット活用「暮らしサポートサービス」開始 (1/2)

イオン、NTT西日本、シャープの3社が、新たなタブレット導入事例になりえる「主婦+家族目線」に特化したタブレット活用型サービスを開始する。女性目線のソフトウェア機能やUIを徹底して工夫したという。

[岩城俊介,ITmedia]

「主婦目線」を重視したIT+生活密着型サービスの新たな提案

photo 「A touch Ru*Run」サービス対応のシャープ製タブレット「RW-N110」

 イオン、西日本電信電話(NTT西日本)、シャープは2月22日、“家庭で簡単に利用できる”をテーマにした暮らしサポートサービス「A touch Ru*Run(エータッチ ル*ルン)」を発表。2012年3月12日に開始する。

 同サービスは2011年2月に発表した協業プロジェクトの成果として、正式サービスに仕上がった。IT技術+IT機器と家族を自然に融合させるには何が必要か。それは「主婦と子ども」が使えなければ、積極的に使いたいと思うサービスでなければ成立しない──。女性マーケティング・企画事業を行うハーストーリィプラスの協力を得ながら、家族全員、特に主婦が中心に使ってもらえるよう工夫した。

 3社の役割は明確だが、それぞれが持つ強みを「生活と家族、主婦」をテーマに融合したイメージで協業する。イオンは街のイオン店舗・ネットスーパー事業を主軸に、店舗網・顧客基盤、WAON・イオンカードなどの決済ポイントサービスなどを、NTT西日本は強力な光ブロードバンドインフラ、クラウドサービス、ユーザーサポート基盤を、シャープは家電(AQUOS)やスマートデバイス、メディア配信基盤や電子書籍サービスをサービスに取り入れる。

photophotophoto サービス概要と各社の役割
photophotophoto NTT西日本の小林充佳取締役 NTT西日本はネットワークインフラと家族を軸にした「くらしフルサービス」アプリ、リモート型ユーザーサポートなどを用意する

 端末はシャープ開発のAndroidタブレットを採用する。7型サイズの「RW-N107」と10.1型サイズの「RW-N110」を用意し、こちらをイオン店舗あるいはイオン直販サイト「aeonshop.com」で販売。それぞれが提供する主力コンテンツの利用料金、あるいは通販購入代金はそれぞれの社のサービスにおいて支払うイメージだ。NTT西日本提供のくらしフルサービス利用料は315円/月あるいは3465円/年。イオンネットスーパーおよびGALAPAGOS STORE(電子書籍ストアサービス)の会員登録料は無料だ。

 サービスの窓口となるタブレットには、家族コミュニケーションツール「くらしフルサービス」(NTT西)、ネットショッピングツール「イオンネットスーパー」(イオン)、電子コンテンツストア「GALAPAGOS STORE(GALAPAGOS App)」をプリインストールし、ホームキーを押すごとにサービスアプリケーションを切り替えて利用できるようにした。IT機器にいくらか詳しいお父さん向けにAndroid標準のホーム画面にも切り替えられ、AndroidマーケットやWebサイト表示、アプリケーションインストールなど、“普通のAndroidタブレット”としても使えるようになっている。

photophotophoto イオン ITグループ責任社の縣(あがた)厚伸執行役「イオンの持つ主婦・ファミリー層への圧倒的なアプローチ力を生かし、ショッピング・情報収集・生活情報・御用聞きサービスなどさまざまな生活シーンを“デジタル分野”でもサポートする」
photophotophoto シャープ ビジネスソリューション事業統括兼ドキュメントソリューション事業本部長の中山藤一常務執行役員「NFCなどの特長機能を用いた新たなタブレットサービスを提案したい。端末のほか、GALAPAGOS STOREは雑誌コンテンツの充実も強みで、当サービスとともに女性向け雑誌・書籍コンテンツもより拡充させる」
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう