ニュース
» 2012年10月26日 16時30分 UPDATE

フリーアナウンサーの小林麻耶さんも登場:各PCメーカーの首脳陣が火花を散らす――有楽町ビックのWindows 8発売セレモニー (1/2)

ヨドバシAkibaに続き、ビックカメラ有楽町店でも、Windows 8発売記念イベントを開催。イベントでは、PCメーカーの首脳陣も集まり、自慢の新製品をアピールした。ゲストの小林麻耶さんは、Windows 8の新機能に感激したようで……?

[池田憲弘,ITmedia]

Windows 8へ準備万端、約4000人が新機能の講習を受講

photo Windows 8の販売を開始したビックカメラ有楽町店本館

 2012年10月26日、DSP版Windows 8の発売から一夜明け、ビックカメラ有楽町店本館でWindows 8販売記念セレモニーが行われた。

 集まった報道陣を前に、ビックカメラ代表取締役社長の宮嶋宏幸氏は、「グループ会社のソフマップからは、深夜販売で300人ほどのお客様が製品を購入したと聞き、Windows 8への期待が高まっている。ビックカメラでは、お客様からWindows 8の質問が出たときに的確に答えられるよう、マイクロソフト認定 Windowsアソシエイト(製品知識に関する資格)を持つ販売員を3860人用意した。5階にはWindows 8搭載PCを体験できるコーナーを設けているので、たくさんの人に新しいPCを体験してもらいたい」と、Windows 8発売に対する期待や取り組みを説明した。

 日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏もイベントに駆けつけた。「昨日、今日とさまざまな場所でユーザーの反応を見て、いけると思った」とWindows 8普及への手応えを感じているようだ。「日本は世界からうらやましがられている。13のメーカーから250以上のWindows 8搭載デバイスが登場する。こんなにマシンがそろう国はほかにはないので、Windows 8の普及が日本全体の活性化につながるといい。特にメイドインジャパンのプロダクトが盛り上がれば」(樋口氏)とコメントした。

photophoto ビックカメラ代表取締役社長の宮嶋宏幸氏(写真=左)と日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏(写真=右)

PCメーカー各社が自慢の新製品をアピール

 PCメーカー各社の首脳陣も、イベントに登場した。登壇したのは、NECパーソナルコンピュータ 代表取締役社長の高塚栄氏、ソニーマーケティング 執行役員専務の鈴木功二氏、東芝 デジタルプロダクツ&サービス 事業部長 長嶋忠浩氏、パナソニック AVCネットワークスのビジネスソリューション事業グループITプロダクツビジネスユニット長の原田秀和氏、富士通 執行役員兼ユビキタスビジネス戦略本部長兼パーソナルビジネス本部長の齋藤邦彰氏、レノボ・ジャパン 代表取締役社長の渡辺明美氏の6人。それぞれ自社の新製品を持ち、Windows 8への期待と、新製品のPRを行った。

photophotophoto ソニーマーケティングの鈴木功二氏。「タッチ操作に最適化し、ワクワク、ドキドキするマシン、“VAIO Duo 11”ができた。ビックカメラ有楽町では、仕様をカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデルも受け付けているので、ぜひ利用していただきたい」とコメント(写真=左)。NECパーソナルコンピュータの高塚栄氏。「LaVie Y」の変形ギミックやWindows 8の可能性を説明した(写真=中央)。東芝 デジタルプロダクツ&サービスの長嶋忠浩氏は「dynabook R822」の変形ギミックとWindows 8の新たな操作との親和性などを語った(写真=右)
photophotophoto パナソニック AVCネットワークスの原田秀和氏は「Let'snoteを作り始めて16年。Windows 8はモバイルPCにとって大きな転換点になる。これからもLet'snoteはモバイルPCの進化を極めていきたい」とLet'snote AX2を紹介した(写真=左)。富士通の齋藤邦彰氏は「Windows 8、Windows RTを10倍も100倍も楽しむために、我が社ではマイクラウドを用意した」とアピール(写真=中央)。レノボ・ジャパンの渡辺明美氏は、「ビックカメラ有楽町店の外壁にある広告もWindows 8仕様に刷新した」と述べた後、「IdeaPad Yoga 13」の使い方を述べ、名称の由来について「ディスプレイが360度回る様子を、体を柔軟に動かすヨガに例えた」と説明した(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.