ニュース
» 2012年11月23日 16時00分 UPDATE

やすッ:9980円の7型タブレット「ドスパラ タブレット」が登場

ドスパラ20周年を祝う記念セレモニーで、7型Android端末「ドスパラタブレット」が披露された。価格は1万円を切る9980円。発売は12月予定で、同日より予約受付を開始している。

[ITmedia]

ドスパラ20周年記念セレモニー

og_dospara_001.jpg ドスパラ取締役社長の畑谷浩治氏

 ドスパラは11月23日、1992年のDOS/Vパラダイス設立から20周年を祝して記念イベントを開催した。

 式典には、同社取締役社長の畑谷氏をはじめ、インテル、NVIDIA、日本AMD、日本マイクロソフトから関係者が参列、これまで秋葉原でPC自作市場をけん引してきたドスパラに祝辞を述べるとともに、「これからも一緒に市場を盛り上げていきたい」と、今後の友好的なパートナーシップを強調した。

 冒頭に登壇した畑谷社長は、自作ブームが隆盛した1992年に設立した同社が、Windnows 95の登場による市場の拡大や、その後のインターネット需要によって順調にビジネスを拡大してきたと振り返り、「これも20年に渡ってたゆまぬ技術革新を行ってきたパートナーや、こうした技術を活用してきたユーザーの支援によるものだ」と感謝の意を述べるとともに、「昨今の厳しい経済情勢やモバイル市場の拡大といった変化の中にあっても、変わらず市場を盛り上げていきたい」と抱負を語った。

og_dospara_002.jpgog_dospara_003.jpgog_dospara_004.jpg セレモニーのオープニングはおなじみプリマベーラ(YUZUKIさんとRINAさん)によるイリュージョンショーが飾った(写真=左)。20周年を祝ってマクロスなどで知られる美樹本晴彦氏による色紙も贈呈された(写真=中央)。インテルクラウドコンピューティング事業本部リセラーチャンネル事業部の早船淳司事業部長は「圧倒的な品ぞろえと全国に店舗を展開する手厚いサポートが強み」とドスパラを紹介(写真=右)

og_dospara_005.jpgog_dospara_006.jpgog_dospara_007.jpg NVIDIAマーケティング本部の林憲一部長は、「(ドスパラは)ゲーム推奨モデルが充実していてNVIDIAのGeForceを使ってくれている。毎年PCゲームの祭典を主催するなど、戦略的にも一致しており、これまで友好的な関係を築いてきた」とアピール。ちなみにNVIDIAも来年20周年を迎える(写真=左)。日本AMDジャパンセールス&マーケティング本部の稲川公裕本部長は「アキバのPCパーツショップとしてCPUやGPU、そしてAPUでも協力してきた重要なパートナー」とドスパラを紹介、「これからもともにPC市場を盛り上げていきたい」と語った(写真=中央)。「Windows 8の深夜販売では通りをいっぱいにしていたのが印象的だった」と語る日本マイクロソフトOEM統括本部第四営業本部の中薗直幸部長(写真=右)

1万円切りの7型タブレット「ドスパラ タブレット」をお披露目

og_dospara_008.jpg 7型Androidタブレット「ドスパラ タブレット」を紹介する畑谷社長

 ドスパラ20周年記念にあわせて、同店舗ではさまざまな特価キャンペーンを実施しているが、それ以上に注目を集めたのが、今回の式典で披露された新型タブレット端末「ドスパラ タブレット」だ。詳細なレビューは後日掲載するとして、ここでは主なスペックを紹介しよう。

 ドスパラ タブレットは、1024×600ドット表示に対応したIPSパネルを採用する7型タブレットだ。OSはAndroid 4.1(jelly bean)。CPUとGPUはともにデュアルコアで、Amlogic 8726-M6(Coretex-A9 Dual Core/1.5GHz)とMAli400(×2)を搭載。1GバイトのRAMと8Gバイトのフラッシュメモリを内蔵するほか、microSDメモリーカードスロットも備える(最大32Gバイトまで対応)。インタフェースは、上記microSDのほか、mini USB、mini HDMI出力、ヘッドフォン出力など。また、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANと200万画素カメラも内蔵する。

 本体サイズは189.3(幅)×120.45(奥行き)×11.2(高さ)ミリ、重量は約340グラム。バッテリー駆動時間は、公称約6時間となっている。驚かされるのはその価格で、なんと1万円を切る9980円。発売は12月予定だが、すでに予約を受け付けている

og_dospara_009.jpgog_dospara_010.jpgog_dospara_011.jpg 1024×600ドット表示に対応した7型IPSパネルを採用。視野角は広めだが光沢パネルのため映り込みは目立つ。上部に200万画素カメラを内蔵する(写真=左)。独自アプリはなく、プレーンな状態。日本語入力にはSimejiを採用(写真=中央)。OSのバージョンはAndroid 4.1.1(写真=右)

og_dospara_012.jpgog_dospara_013.jpgog_dospara_014.jpg 本体上面に電源ボタンとボリューム調節ボタン、ホームボタンがある(写真=左)。インタフェースは左側面にまとめられている。microSDメモリーカードスロットのほか、mini HDMI出力とmini USB、音声入出力、電源が並ぶ(写真=中央)。右側面と下面にポート類はない(写真=右)

og_dospara_015.jpgog_dospara_016_2.jpgog_dospara_017.jpg 本体背面。カラーバリエーションはホワイトのみ。アウトカメラはない(写真=左)。外箱(写真=中央)。先行予約特典として、ブラックかレザー超のカバーがついてくる(写真=右)

予約ページ

(※2月21日追記)液晶ディスプレイの仕様について、販売元のドスパラより、カタログスペックに記載した「IPS方式」ではなく「TN方式」であるとの訂正がありましたが、同リリースで触れられているとおり、編集部で評価した検証機はIPS方式でした。


関連キーワード

ドスパラ | アキバ | 記念イベント | 店舗


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.