ニュース
» 2013年06月06日 00時00分 UPDATE

気になる価格は?:世界最軽量のタッチ対応Ultrabook――写真でじっくり見る「VAIO Pro」 (1/2)

タッチ対応で800グラム台。驚きの軽さを実現したソニーのUltrabook「VAIO Pro」が登場する。写真でじっくりとそのボディを眺めてみよう。気になる値段も聞いてみた。

[池田憲弘,ITmedia]

カーボンファイバーボディで軽量化を実現

 ソニーは6月5日、台湾・台北市で記者会見を行い、同社製ノートPC「VAIO」の新シリーズ「VAIO Pro」を発表した。VAIO Proは11.6型の「VAIO Pro 11」と13.3型の「VAIO Pro 13」の2機種を用意する。ここでは写真を通じてVAIO Proを紹介しよう。

VAIO Pro 13

 VAIO Pro 11の重量は約870グラム、VAIO Pro 13は約1060グラムとタッチパネル搭載Ultrabookとして世界最軽量(同社調べ)という。ボディの素材に東レのUDカーボンファイバーを採用し、剛性を確保しつつ軽量化を実現した。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色だ。グローバルでは2013年6月中旬から順次発売する。

photophotophoto VAIO Pro 13(シルバー)。10点マルチタッチ対応のタッチパネルを搭載するが、重量は約1060グラムと軽い。天面にVAIOのロゴがあしらわれており、底面にもロゴがある

 CPUは第4世代Coreプロセッサー・ファミリーを採用。展示機のスペックは、CPUがCore i7-4550U、メモリが4Gバイト、ストレージは128GバイトSSDなど。液晶ディスプレイはフルHD(1920×1080ドット)表示に対応し、視野角が広いIPSパネルを採用した。インタフェースはUSB 3.0×2、HDMI出力、SDメモリーカードスロット、ヘッドフォン出力を右側面に備える。

photophotophoto 展示機のスペックとWindowsエクスペリエンスインデックス(写真=左、中央)。背面のヒンジ部分に“Sony”の文字が彫られている(写真=右)
photophoto 正面(写真=左)と背面(写真=右)にはインタフェースはない
photophoto 左側面にはAC入力のみを配置し(写真=左)、右側面にはUSB 3.0×2、HDMI出力、SDメモリーカードスロットを備える(写真=右)

 VAIO Proは“生産性を高めるモバイルノート”という性格を持つことから、キーボードの質にもこだわりがあるという。キーピッチとキーストロークに配慮しつつ、キーボードバックライトも内蔵する。ヒンジの設計も独特だ。ディスプレイを開くとキーボードの奥側が持ち上がるため、キーを打ちやすくなる。

photophotophoto キーボードはキーピッチが広くなるよう配慮した(写真=左)。キーボードバックライトも内蔵する(写真=中央)。ヒンジ部にスピーカーを備える。ソニー独自の技術で高音質を実現したという(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.