ニュース
» 2013年06月17日 11時15分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:“Richland”にするなら、ネイティブのDDR3-1866メモリがいい (1/4)

オーバークロックではなく、ネイティブでDDR3-1866に対応するメモリがセンチュリーマイクロから登場。「ちょっと高いよね」とも言われるが、AMDユーザーからは強く支持されているようだ。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「今回は最上位のA10-6800Kが抜きんでて人気です」――AMD A10とDDR3-1866メモリの関係

photo センチュリーマイクロ「D3U1866H/HYN」シリーズ

 先週、センチュリーマイクロからDDR3-1866にネイティブ対応する高クロックメモリ「D3U1866H/HYN」シリーズが登場した。構成別のラインアップは、8Gバイト×4枚の32Gバイトキットと8Gバイト×2枚の16Gバイトキット、4Gバイト×4枚の16Gバイトキット、4Gバイト×2枚の8Gバイトキットの4種類だ。ヒートスプレッダ付きのモデルの価格は順に3万7000円弱と1万9000円弱、2万1000円弱、1万1000円弱となる。ヒートスプレッダがないモデルはそれぞれ300〜1000円程度安い。

 ネイティブのDDR3-1866メモリ自体は4月ごろから少数出回っており「センチュリーマイクロは高品質ですが高価なので、ちょっと敬遠する人が多いかも」(某ショップ)という声も聞かれたが、一部のショップでは好調に売れているという。BUY MORE秋葉原本店は「HaswellマザーはオーバークロックでDDR3-3000まで対応するものもありますし、標準で高速なメモリを求める人は少なくないと思います。ただ、今回はそれよりもRichlandからのニーズが強いです」と語る。

 “Richland”こと新世代のAPU「AMD A」シリーズは、内蔵メモリコントローラの性能が向上しており、A10-6700はA10-5800Kと同じDDR3-1866、A10-6800KはDDR3-2133までサポートしている。この性能を確実に引き出すために、ネイティブで高速なメモリに対するニーズが高まっているというわけだ。

 ソフマップ秋葉原リユース総合館も「前世代のAMD AはA10-5700とA10-5800Kがほぼ同じくらい売れていましたが、今回は最上位のA10-6800Kが特に売れています。やはりメモリコントローラの差が大きいですね。この強みを生かすべく、高品質かつ高速なメモリを求める人は多いです」と話していた。

photophoto BUY MORE秋葉原本店の価格表。DDR3-2133まで高めた16Gバイトキットも同店オリジナルで販売中だ(写真=左)。6月5日に登場したAMD「A10-6800K」と「A10-6700」のスペック(写真=右)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.