ニュース
» 2013年07月30日 23時30分 UPDATE

もちろんレプリカとしても:ファンなら全部集めてみる?――グリーンハウス、Beetle型デザインを採用したUSBメモリ

グリーンハウスがフォルクスワーゲン製マイクロバスおよびBeetle風のデザインを施したUSBメモリを発売した。それぞれ4種類のカラーバリエーションを用意する。

[池田憲弘,ITmedia]

 グリーンハウスは7月30日、フォルクスワーゲン製マイクロバスおよびBeetle風のデザインを施したUSBメモリ「GH-UFDVシリーズ」の取り扱いを開始した。価格はオープンで、実売価格は4980円前後となる見込み。

 本製品はZEROBASIC社がフォルクスワーゲンからライセンスを受けて製造している容量8GバイトのUSBメモリ。マイクロバス型とBeetle型の2種類を用意しており、それぞれ4種類のカラーバリエーションを用意する。

photophoto GH-UFDVシリーズは、マイクロバス型とBeetle型の2種類を用意しており、それぞれ4種類のカラーバリエーションを用意する(写真=左)。製品のパッケージ(写真=右)

 車体後部にUSB端子を搭載しており、スライドコネクタでハッチ内部にコネクタを収納可能だ。PCに接続時にはヘッドライトが点灯し、データアクセス時に点滅するギミックを備えた。持ち運びや保管用に使える専用ミニポーチやUSB延長ケーブル(全長約136ミリ)が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.