レビュー
» 2013年08月09日 10時00分 UPDATE

1万円台の7型タブレット、「IdeaTab A1000」「Diginnos Tablet DG-D07S」をまとめて試す(パフォーマンス編) (1/3)

1万円台なら……試しに1つ買ってもいいね。そう思わせる低価格タブレットも増えてきた。今回は低価格志向の7型Androidタブレット「IdeaTab A1000」「Diginnos Tablet DG-D07S」のパフォーマンスや使い勝手をチェックする。

[岩城俊介(撮影:矢野渉),ITmedia]

(←前編に戻る

ディスプレイとタッチパネル操作感をチェック

 前回は、“低価格志向”な7型タブレット、レノボ・ジャパン「IdeaTab A1000」と、サードウェーブデジノス「Diginnos Tablet DG-D07S」の外観、サイズ感を確かめた。後編では実パフォーマンスと使用感をチェックしよう。

photophoto 左がレノボ・ジャパン「IdeaTab A1000」(1万8000円前後)、右がサードウェーブデジノス「Diginnos Tablet DG-D07S」(1万2800円)

 まずはディスプレイから。どちらも7型サイズで5点マルチタッチ対応の静電タッチパネルを採用するが、表示解像度が少し異なる。IdeaTab A1000は1024×600ドット、Diginnos Tablet DG-D07Sは1280×800ドット。Webサイト表示やメールなど比較的文字表示の割合が多いアプリケーションでは、基本的に解像度の高いDG-D07Sがより多くの情報を一画面で表示できる。

photophoto 標準ブラウザにてPC USERサイトを縦位置/横位置で表示 IdeaPad A1000は解像度1024×600ドット
photophoto 標準ブラウザにてPC USERサイトを縦位置/横位置で表示 Diginnos Tablet DG-D07Sは解像度1200×800ドット
photophoto ホーム画面 左:IdeaPad A1000、右:Diginnos Tablet DG-D07S。DG-D07Sはほどよくシンプルだ

 アプリケーションの入手性は、Google認証機器であり、Google Playストアを利用できるIdeaTab A1000が優れ、より万人向けだ。Diginnos Tablet DG-D07SはGoogle非認証機器のため、原則としてPlayストアは利用できない。代わりにACCESSPORTが展開する「Tapnow Market」がプリインストールされている。

 Tapnow Marketは、アプリやその他コンテンツの本数はPlayストアに及ばず、アプリのバージョンが低いといった可能性もあるのだが、定番のアプリはそこそこそろっている(音楽やeBookコンテンツの購入も可能)。別途Google Play対応のAndroidタブレットを所持している、多少はAndroid機器に慣れている人であれば、アプリインストーラであるapkファイルをバックアップできる「Extract Apk」などのアプリを活用し、apkファイルを入れたmicroSDカード経由でDG-D07Sへインストールする手段もある。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.