ニュース
» 2013年12月24日 15時22分 UPDATE

アスク、Haswell世代のZOTAC製小型PCベアボーン「ZBOX ID92/ID91」

アスクはCore i5-4570Tを搭載するZOTAC製ベアボーンの取り扱いを発表。1月下旬に発売する。

[ITmedia]
og_ask_001.jpg ZBOX ID92

 アスクは12月24日、ZOTACのベアボーン「ZBOX ID92」と「ZBOX ID91」の取り扱いを発表、1月中旬より販売する。

 Haswell世代のCPUを採用しているのが特徴。ZBOX ID92は、Core i5-4570T(2.9GHz/最大3.6GHz)を搭載し、2基のDisplayPortとDVIを組み合わせで3画面出力にも対応する。グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 4600)。一方、下位モデルのZBOX ID91は、Core i3-4130T(2.9GHz)を搭載し、グラフィックス機能はIntel HD Graphics 4400になる。

 このほか、インタフェースとして、ギガビットLAN×2、USB 3.0×3(ZBOX ID91はUSB 3.0×1に、USB 2.0×2)、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載。なお、それぞれのモデルに4Gバイトメモリと500GバイトHDDを付属した「ZBOX ID92 PLUS」と「ZBOX ID91 PLUS」が用意される。実売予想価格は、ZBOX ID92が6万円台後半、同ZBOX ID92 PLUSが7万円台後半、ZBOX ID91が4万円台後半、ZBOX ID91 PLUSが6万円台前半だ。

og_ask_002.jpgog_ask_003.jpg 写真は「ZBOX ID92」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.