ニュース
» 2014年01月09日 11時26分 UPDATE

2014 International CES:デュアルOS×2で“4コイチ”ノートPC!?――「ASUS Transformer Book Duet TD300」を見てきた (1/2)

米国ラスベガスで開催中のInternational CESで、ASUSが“4-in-1”ノートPC「ASUS Transformer Book Duet TD300」を発表。4-in-1……つまり、どういうことなの?

[本間文,ITmedia]

 ASUSTeK Computerは、ノートPC、タブレット、デスクトップの3-in-1を実現した「ASUS Transformer Book Trio」をさらに発展させ、4つの形態を自由に使い分けられる“4-in-1”PC、「ASUS Transformer Book Duet TD300」を米国ラスベガスで開催中のInternational CESにおいて発表した。

 同製品は、本体にWindows 8.1とAndroidを搭載した“デュアルOS機”であり、いずれもノートPCとタブレット形態で利用できる“2-in-1”でもあることで、

デュアルOS×2-in-1 = 『4-in-1』

と同社は位置づけている。

og_asus_001.jpgog_asus_002.jpg ASUS Transformer Book Duet TD300(写真=左)。WindowsとAndroidの両方で2-in-1を実現しているから、クワッドモード、すなわち4-in-1という説明(写真=右)

og_asus_003.jpgog_asus_004.jpg 製品のSoCのイメージ写真にはBaytrailの文字(写真=左)。両OS環境をわずか4秒で切り替えるInstant Swithch Technologyをアピール(写真=右)

og_asus_005.jpgog_asus_006.jpg 時代はデュアルOS?(写真=左)。価格は599ドルからスタート(写真=右)

 同社創業者の一人であるジョニー・シー会長は、同製品について「Windows上でAndroidを走らせたりするわけではなく、完全に独立したOSを2つ搭載することで、パフォーマンスを犠牲にすることなく、快適な利用環境を実現できる」とアピールした。

og_asus_007.jpg ASUS Transformer Book Duet TD300における、IntelとのデュアルOS搭載2-in-1協業をアピールするジョニー・シー会長(左)と、Intelのレネイ・ジェームス社長(右)

 ASUS Transformer Book Duet TD300は、WindowsとAndroid環境をわずか4秒で相互に切り替えられる、同社独自の「Instant Swithch Technology」を搭載する。確かにキーボード上のスイッチまたは、デスクトップ画面上のアイコンを押すだけで、あっという間に両OS環境を切り替えることができた。

 同社関係者は詳細な技術は明かせないとしたうえで「これらのOS環境は完全に独立しており、データの共有などはクラウドやメモリカードなどの外部ストレージを介して行なう必要がある」としており、2種類の“ストレージ空間”にOSが別々にインストールされていると見たほうがよさそうだ。ただし、同社が公開したスペックでは、タブレット部には64Gバイトか128GバイトのSSDが搭載されるとしているのみなので、単一ドライブをパーティションで区切っている可能性もある。

 同製品の心臓部には第4世代Coreプロセッサが搭載され、米国における市場価格は599ドルからスタートする。ただし、記者発表会のプレゼンテーションでは、製品のSoC部に“Baytrail”の文字をかぶせたものもあり、本製品のエントリーモデルがCore i3搭載モデルなのか、別にBaytrail搭載の廉価版が用意されるのかは明らかにされなかった。なお、発表会で公開された同製品の主な仕様は以下のとおりだ。

ASUS Transformer Book Duet TD300の主なスペック
CPU Intel Core i3/i5/i7
OS デュアルOS(Windows 8.1/Android)
メモリ 4GB
ストレージ タブレット部 64GB/128GB SSD、キーボードドッグ部 320GB/500GB/750GB/1TB HDD
ディスプレイ 13.3型フルHD IPS(1920×1080ドットまたは1366×768ドット)
グラフィックス UMA(CPU/SoC内蔵グラフィックス)
カメラ HDカメラ
バッテリー 38ワットアワー
本体サイズ(W×D×H) タブレット部:342×216×12ミリ、キーボードドッグ部:340×217×16ミリ
重量 約1.9キロ

 これを見ると、タブレットの液晶タイプにも2種類が用意されることが分かる。なお、本製品の発売時には仕様が変更される可能性がある。

og_asus_008.jpgog_asus_009.jpg WindowsとAndroid環境を4秒で切り替える(写真=左)。切り替えは、キーボードの専用キーまたはデスクトップ上のアイコンを押すだけ(写真=右)

og_asus_010.jpgog_asus_011.jpg タブレット本体と、キーボードベースのドッキング部(写真=左)。キーボードベースの左側面(写真=右)

og_asus_012.jpgog_asus_013.jpg キーボードベース前面(写真=左)。キーボードベースの右側面(写真=右)

og_asus_014.jpgog_asus_015.jpg タブレットの上面(写真=左)。タブレット左側面(写真=右)

og_asus_016.jpgog_asus_017.jpg タブレット右側面(写真=左)。タブレット底面にはWindowsキーも搭載(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.