ニュース
» 2014年01月14日 14時04分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:単品で買えるDSP版Windows 7が登場するも「まずは従来版が売れていくでしょう」 (1/3)

マシン組み込みかパーツとのセット販売が前提であるDSP版のWindows 7に、単品で買える新パッケージが登場した。ただし、パーツとセットのほうが安かったりする……。

[古田雄介&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「Windows 7人気が盛り上がる材料になるでしょうね」――単品で買えるDSP版Windows 7

og_akiba_001.jpg TSUKUMO eX.の「従来型」7と8.1の価格表

 単品で買える新型の「DSP版Windows 7」が1月11日から各ショップの店頭に並んだ。中身は従来版と変わらないが、マシン組み込みやパーツとのセット購入といった販売条件が取り払われている。

 ラインアップはUltimateとProfessional、Home Premiumの3種類で、それぞれ64ビットと32ビットタイプがある。価格は順に2万円台前半と2万円弱、1万円台前半で、従来型のUSB 2.0カードセットと同等かやや高い。TSUKUMO eX.は「円安傾向のため、国内に十分なストックがある今までのものより、どうしても高くなってしまうみたいです」と話す。

 DSPは「Delivery Service Partner」の略で、DSP版パッケージはマシンに組み込む販売代理店向けといった意味合いがある。コンシューマー向けのリテールパッケージより数段安価なため、一般の市場で売る場合は、マシンに組み込んだり組み込むパーツとのセットとするのが前提だった。しかし、Windows 8以降は引き継がずDSP版も単品で売られるようになっている。新型7も同様の扱いとなるわけだ。

og_akiba_002.jpg BUY MORE秋葉原本店の限定数キャンペーン

 これにより、Windows 7人気がより高まるとの予想をいくつか聞いた。BUY MORE秋葉原本店は「自作市場ではもともと7が主流ですが、買いやすさからシェアが加速すると思います」と語る。同店では来週末からDSP版Windows 7/8.1の特典として「窓辺シスターズオリジナルキーボード」をつける予定で、この機を盛りたてる構えだ。

 ただし、前述の価格差の問題から、従来型から新型への素早い人気の移行は起きないという声が大半だ。某ショップは「8.1は8に比べて健闘していますが、自作市場ではまだまだ7が強く、ウチでは7割以上のシェアを占めます。それだけよく売れる商品なので、従来型の在庫も相当数あります。円安のおかげで、これが不良在庫にならずスムーズに消化できそうなのが嬉しいですね」と話していた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.