ニュース
» 2014年03月17日 20時15分 UPDATE

1199ドルからの「Precison M2800」投入:格安モデルで「全エンジニアにワークステーション」を狙うDell (1/2)

Dellはこの春、1199ドルからと低価格なモバイルワークステーション「Precison M2800」を発売する。同社ワークステーション事業部のトップが語る戦略とは?

[鈴木雅暢,ITmedia]

←・デスクからデータセンターへ:「ワークステーションの仮想化」を推進するDell

外科医は包丁で手術をしないのに、なぜ多くのエンジニアはPCを使うのか

tm_1403_dell2_01.jpg Dellワークステーション事業のトップ(Precisionワークステーション担当エグゼクティブディレクター)であるアンディ・ローズ(Andy Rhodes)氏。仮想化に次ぐワークステーションのトレンドを「デモクラタイゼーション」と表現。エントリーユーザーのフォロー、モバイル化、新規需要の高まりといったトレンドそれぞれに対して、最適なプロフェッショナルクオリティの製品を提供できると強調した

 前回に続き、米Dellが開催したワークステーション事業の報道陣向けイベント「Dell Precision Media Day」についてリポートする。

 同社ワークステーション事業のトップであるアンディ・ローズ(Andy Rhodes)氏は、ワークステーションのメガトレンドとして仮想化に続き、「デモクラタイゼーション(Democratization)」に言及した。直訳すれば「民主化」ということになるが、その後の内容からすると「(束縛、制約からの)解放」というような解釈が適当だろうか。ここでローズ氏は3つのポイントを挙げた。

 1つめは「コストの制約に対するデモクラタイズ」だ。市場調査の結果、「本来ワークステーションを使うべきにもかかわらず、使用していないユーザー」が多くいることが分かったという。つまり、予算などの問題で高価なワークステーションを購入できない、あるいは使うべきハードウェアの知識がないなどの理由で、CG/CADアプリケーションをスタンダードなPCで使っている中小企業のエンジニアやクリエイター、学生などがそれに当てはまる。

 ローズ氏は彼らの境遇を「外科医がキッチンナイフで手術をしているようなもの」と表現。「汎用(はんよう)のPCではCPUパワーもGPUパワーも不十分であり、ソフトウェアベンダーの認証もなければ、アプリケーションへの最適化もされていない。きちんとしたツールを使うべきだ」と主張した。このマーケットにはまだ適切な製品が供給されていないとしつつ、我々ならば「適切な製品を適切な価格で提供できる」とした。

tm_1403_dell2_02.jpg Dellが2013年に発表したモバイルワークステーションの「Precision M3800」。厚さ18ミリ、最小重量1.88キロの薄型軽量なフォームファクターでありながら、プロフェッショナルグレードのハードウェア、アプリケーションへの最適化など、妥協のないワークステーションクオリティを備えると紹介された

 2つめは「妥協に対するデモクラタイズ」だ。ワークステーションのモバイル化という製品トレンドがある一方、従来のモバイルワークステーションでは、パフォーマンスかモビリティ、どちらかを妥協しなければならなかった。

 それに対して、2013年にDellが発表した「Precision M3800」は、これまでにない薄型軽量のフォームファクターであるにもかかわらず、ハイパフォーマンス、耐ミッションクリティカルな信頼性、いずれも妥協することなく備えているとアピール。「これまでデスクに縛られていたエンジニアをデスクから解放することができる」とその利点を語る。

 3つめのポイントとしては、「エンジニアリングの参入障壁が下がっていること」を紹介した。3Dプリンタの登場により、それまで莫大(ばくだい)な資金を使って作っていたような試作モデルの製作が低コストで迅速に、しかも繰り返しできるようになり、製品開発のプロセスが大幅に短縮され、資金のある大企業でしかできなかったような製品開発を中小企業でもできるようになったという。

 この部分、具体的にどうデモクラタイズに結びつくのかまでははっきりと言及されなかったのだが、モデリングツール、およびそれを稼働させるワークステーションの新規導入需要がかつてないほどに高まっており、Dellはそこに適切な製品を提供できるという意図と思われる。

プロ環境をエントリーユーザーに提供する「Precision M2800」

 Dellはこのイベントで、エントリー向けの新しいモバイルワークステーション「Precision M2800」を2014年春に投入すると発表した。

 これはローズ氏がデモクラタイズの対象として述べた「本来ワークステーションを使うべきにもかかわらず、使用していないユーザー」、例えば、高価なワークステーションが買えないため、汎用PCでCADツールなどを使っているユーザーに向けた製品だ。

 ハードウェアのスペックは、CPUにクアッドコアのCore i7、GPUにFire Pro(グラフィックスメモリ2Gバイト)を採用し、最大16Gバイトのメモリ、HDまたはフルHD解像度の15型ワイド液晶ディスプレイを搭載する。重量は約2.56キロだ。販売価格は1199ドルからと、モバイルワークステーションとしては破格の安さで、2014年春からワールドワイドで販売を開始する。

 製品をお披露目したローズ氏は、「エンジニア、クリエイターは企業にとって重要な資産であり、適切なツールを与えるべき」と改めて主張した。

 続いて登壇した同社のカール・パッツェル(Karl Paetzel)氏は、「エンジニアやクリエイターは必ずしもハードウェアを熟知しているわけではない」と前置きし、プロフェッショナル向けサポートが受けられること、各ソフトウェアベンダーの認証を受けており、互換性などの心配がないこと、デザインツール/クリエイティブツールに対してパフォーマンスの最適なチューニングが行なえることなど、低価格にもかかわらず、Precisionシリーズならではの付加価値がきっちりと上乗せされていることをアドバンテージとして強調した。

tm_1403_dell2_03.jpgtm_1403_dell2_04.jpg Dell Precision Media Dayの2日めは、ラウンドロック市の隣にあるオースティン市のダウンタウンに設置されたコテージ「Dell Venue」で行われた
tm_1403_dell2_05.jpgtm_1403_dell2_06.jpg 同市で開催されるSXSW 2014(音楽と映画の祭典)、およびこのMedia Dayのためだけに特設されたコテージのようで、所々に伝統あるコンピューター企業であるDellを象徴しつつも、ユーモアを感じる仕掛けが見られた
tm_1403_dell2_07.jpgtm_1403_dell2_08.jpg 「Precision M2800」は、クアッドコアのCore i7、ワークステーション向け外部GPUのFire Pro(グラフィックスメモリ2Gバイト)、15型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、重量は約2.56キロというスペックだ(写真=左)。Precision M2800の基本スペックまとめ(写真=右)。販売価格は1199ドルからで、2014年春から販売が開始される
tm_1403_dell2_09.jpgtm_1403_dell2_10.jpg ローズ氏に続いて登壇したカール・パッツェル氏(Karl Paetzel:Marketing Director, Dell Precision Partner & Software)は、プロフェッショナル向けのサポートが受けられること、ソフトウェアベンダーの認証を受けていることなどをPrecision M2800のアドバンテージとして強調した(写真=左)。パッツェル氏がアピールするDellのワークステーションに上乗せされている付加価値(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.