ニュース
» 2014年04月10日 22時56分 UPDATE

日本のワークスタイルの変革に貢献したい――「VMware Horizon 6」製品説明会

ヴイエムウェアが仮想デスクトップソリューションの最新版「VMware Horizon 6」を発表した。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは4月10日、仮想デスクトップソリューション「VMware Horizon 6」を発表した。物理PC、仮想デスクトップ、従業員の個人所有PCなどであらゆる種類の企業向けアプリケーションを一元的に管理できる。

og_vmware_001.jpg VMware Horizon 6で追加された主な新機能

 最新版で加わった主な新機能は大きく分けて6つ。まず1つが、単一プラットフォームによる仮想デスクトップとアプリケーションの提供で、特にRDSホスト型アプリケーションに対応したのが目を引く。また、シングルサインオンでアクセスできるポータル(統合ワークスペース/前身はアプリケーションカタログ)から、Office 365やシトリックスのXenApp、SaaSアプリケーションといった外部プラットフォームのアプリケーションに容易にアクセスできるようになっている。

 一方、同社がBlast Performanceと呼ぶエンドユーザーに関わる操作性の部分の改善された。改善分野は多岐に渡るが特に3D機能(Blast 3D)やタッチ機能(Blastユニティタッチ)で操作性を向上したという。

 また、最新版では仮想/物理/従業員所有のPCを問わず、一元的にイメージ管理を行う「VMware Mirage」を利用できるほか、データセンターから端末までエンドツーエンドで状態やリスクの監視が行えるVMware vCenter Operations for Viewにより、例えば仮想デスクトップ上で負荷の高いアプリを確認するといったようなより詳細なモニタリングが可能になっている。

og_vmware_002.jpgog_vmware_003.jpg 単一プラットフォーム上でRDSホスト型アプリケーション、RDSセッションベースのデスクトップ、仮想デスクトップ、ThinAppでパッケージ化されたアプリケーションを提供できる(写真=左)。これによりエンドユーザーは、統合ワークスペースからすべてのアプリケーションとデスクトップにアクセスできるようになる(写真=右)

og_vmware_004.jpgog_vmware_005.jpg 3D、マルチメディア、タッチ、ライブコミュニケーションといった各機能の操作性も向上(写真=左)。最新の「VMware Mirage」では仮想/物理/従業員所有のPCを問わず、Windowsイメージを一元管理できる(写真=右)

og_vmware_006.jpgog_vmware_007.jpg 製品デモでは1つのシンプルなUIに多くの環境が統合され、アプリケーションの実行環境を意識することなくシームレスに利用できる様子が示された

 VMware Hrizon 6は顧客の導入レベルに応じて3種類のEdition(「Standard」「Adbanced」「Enterprise」)を展開。2014年第2四半期より国内販売パートナーを通じて販売される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.