ニュース
» 2014年04月16日 11時00分 UPDATE

コスパ抜群:日本HP、WUXGA表示の10.1型ハイパフォーマンスWindowsタブレット「HP Omni10」

Bay Trail-T世代のWindows 8.1搭載タブレットが日本HPから登場。1200×1920ピクセル表示に対応した高精細な10.1型モデルだ。

[ITmedia]
og_omni10_001.jpg HP Omni10

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は4月16日、Windows 8.1搭載タブレット「Omni10」を発表、同日より直販サイトを通じて販売を開始した。Directplus価格は4万4800円(税別)。また、Office Home&Business 2013をプリインストールする量販店向けモデルも4月25日に発売する。こちらの実売価格は5万5000円前後。

 WUXGA(1200×1920ピクセル/224ppi)表示に対応した10.1型Windows 8.1搭載タブレット。CPUにはAtom Z3770(1.46GHz/最大2.36GHz)を採用し、2Gバイトメモリと32Gバイトのフラッシュストレージを搭載する。

 液晶前面はキズがつきにくいGorillaガラス3で保護し、外装はポリカーボネートとグラスファイバーをあわせた強化プラスチック製で強度を確保、表面は手になじみやすいソフトタッチ処理が施されている。

 インタフェースは、microHDMI出力およびmicroSDカードスロットを装備。また、ネットワーク機能としてIEEE802.11a/b/g/n+Bluetooth 4.0を備えるほか、前面200万画素/背面800万画素のWebカメラも内蔵する。センサー類は、加速度センサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー、周辺光センサー、磁気センサー。本体サイズは、約260(幅)×182(奥行き)×9.9(高さ)ミリ、重量は約650グラム。約8時間30分のバッテリー駆動が行える。なお、本体故障時に代替機とその場で交換してくれるクイックエクスチェンジサービスが標準で1年間付属するなど、サポート面が充実しているのもポイントだ。

icon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.