連載
» 2014年04月30日 11時30分 公開

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:「Windows 8.1 Update」は確かな改善だが、発展途上にある (2/3)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

マウス操作が大幅改善、デスクトップユーザーに使いやすく

 Windows 8.1でもかなり改良が加えられていたが、8.1 Updateではマウス操作との親和性がかなり高くなり、以前に比べるとストレスを感じる場面が減っている。

 まず従来と異なり、8.1 Updateではスタート画面でマウスの右クリックを行うと、コンテキストメニューが出現する。これまではタイルを右クリックすると、タッチ操作でタイルを長押しした場合と同じように、画面下端にメニューが表示される仕様だったため、マウスカーソルの移動量が多かった。8.1 Updateでは素直にデスクトップ画面と同じ操作感覚となっている。

スタート画面をマウスで右クリックすると、デスクトップ画面ではおなじみのコンテキストメニューが表示されるようになった

 そして今回、一番大きな変化といえるのがタスクバーの挙動だ。具体的には、8.1 Updateではマウス操作時にマウスカーソルを画面の一番下へと移動させると、スタート画面であっても、フルスクリーンでModern UIアプリ(Windowsストアアプリ)を実行中であっても、どこでもタスクバーが出現して、アプリを切り替えられるようになっている。

 Modern UIアプリもタスクバーへの「ピン留め」が可能になっており、一度ピン留めしたModern UIアプリは「現在実行中かどうか」が一目で視認可能で(アイコンのまわりが反転する)、タスクバー上からいつでも呼び出してアプリを切り替えられる。

タスクバーはデスクトップ画面でもスタート画面でも表示可能になった。タスクバーにModern UIアプリをピン留めすることも可能だ

 また、Modern UIアプリの実行中にマウスカーソルを画面の一番上へと移動すると「タイトルバー」が表示されるようになった。これはデスクトップ画面でWindows 7以前のアプリケーションを実行したときのウィンドウ表示と同じで、アプリの名称が中央に、画面左上にアプリのアイコン、画面右上に「最小化」と「終了」ボタンの2つが出現する。

 画面左上のアプリアイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックするとメニューが出現して、「左に分割」「右に分割」「最小化」「最大化」「閉じる」といった動作を選択できる(左ボタンでダブルクリックすると「閉じる」動作になる)。

Modern UIアプリの実行中にマウスカーソルを画面上部に移動すると、タイトルバーが表示されるようになった

 なお、このアプリアイコンにおける動作はタスクバー上にピン留めされたModern UIアプリのアイコンに対しても有効だ。共通するのは、「最大化」を選択するとフルスクリーンでModern UIアプリを開き、「最小化」を選択するとデスクトップ画面へと移行してModern UIアプリが“バックグラウンドへとまわる”ようになる。

 つまり、Modern UI実行中は「最大化」が選択できず、逆にデスクトップ画面が表示されているときは「最小化」が選択できない。理屈で考えると分かるのだが、正直にいうと「Modern UIアプリのフルスクリーン表示」「スタート画面」「デスクトップ画面」が目まぐるしく切り替わるため、慣れた人でないと非常に戸惑うのではないか。デスクトップ利用を中心としたユーザーのための施策だと思われるが、この辺りは将来のアップデートで提供される「デスクトップ画面上でModern UIアプリをウィンドウ表示する仕組み」の導入が不可欠と思われる。

 このほか、タスクバーはデスクトップの画面下側の固定ではなく、上下左右好きな場所へと配置できるようになっている。ただし、マウスカーソルを移動してタスクバーが出現する場所は「タスクバーを配置した位置」であり、画面上だとタイトルバー、画面左右だとアプリ一覧やチャームメニューとバッティングしてしまい、両方のメニューが同時に出現してしまうため、画面下以外の配置は基本的におすすめできない。

 最後に注意点として、このタスクバーの機能の利用は「チャーム(Charm)」メニューから「設定」→「PC設定の変更」→「PCとデバイス」→「画面の操作」の中の「アプリの切り替え」項目にある「Windowsストアアプリをタスクバーに表示する」を「オン」にしておく必要がある。

 これが無効化されていると、Modern UIアプリ実行時やスタート画面からタスクバーが呼び出せず、アプリの最小化も行えない。通常はデフォルト設定のはずだが、筆者の環境ではなぜか「オフ」となっており、機能を呼び出すために設定項目を必死にあさることになってしまった。もしこれで引っかかっているユーザーがいたら、この項目をチェックしてほしい。

設定メニューの「Windowsストアアプリをタスクバーに表示する」がオンになっていないと、Windows 8.1 Updateで拡張されたタスクバー機能が利用できない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう