ニュース
» 2014年05月02日 15時30分 UPDATE

ソニー売却のPC事業、「VAIO株式会社」として再スタート

VAIOブランドが社名になりました。

[ITmedia]
tm_1310_duo_iv2_00.jpg 本社所在地は長野県安曇野市豊科5432。つまり、これまでソニーのPC事業を担ってきた「長野テクノロジーサイト」が、VAIO株式会社の拠点となる

 ソニーと日本産業パートナーズは5月2日、ソニーのPC事業譲渡に関する正式契約を締結したと発表した。VAIOブランドを含むPC事業を引き継ぐ形で、新たにVAIO株式会社として7月1日をめどに事業を開始する。

 出資金は10億円で、出資比率は日本産業パートナーズが95%、ソニーが5%(取引完了時)。代表取締役社長は関取高行氏。本社所在地は長野県安曇野市豊科5432、従業員数は約240名だ。

 既報の通り、ソニーとしてのPC事業は2014年春モデルを最後に収束しているが、販売済み商品のアフターサービスは継続する。

 ソニーは、本取引が2014年5月1日に公表した同社の2013年度通期連結業績見通しに与える影響はないとしている。同社のPC事業収束に伴い2014年度に発生する見込みの費用総額は現在精査中であり、2014年5月14日に予定している2013年度決算発表で公表する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.