ニュース
» 2014年06月30日 11時32分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:本命CPU「Core i7-4790K」登場、アキバでの評判は? (1/4)

6月26日にインテルの新CPU「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」が発売された。当初の予定よりも多めに入荷できたという話を複数のショップで聞くが、さて、その評価はいかに。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「予約分でいったん満たされた感じです」――在庫十分な「Core i7-4790K」

og_akiba_001.jpg ソフマップ秋葉原リユース総合館の店頭。“Devil's Canyon”が大々的に宣伝されている

 6月26日、「Devil's Canyon」こと、新世代Core i上位の倍率クロック可変モデル「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」の販売が始まった。価格はi7-4790Kが4万円弱、i5-4690Kが2万7000円前後だ。i7-4790Kは4コア/8スレッドのCPUで、定格4.0GHz(Turbo Boost最大4.4GHz)となる。i5-4690Kは4コア/4スレッドで、定格3.5GHz(Turbo Boost時最大3.9GHz)。TDPはともに88ワットだ。

 どちらもアキバ全体でみると在庫は潤沢といえる。6月初旬に各ショップで販売予約が始まった当初は、Core i7-4790Kの入荷数を不安視する声が聞かれたが、「フタを開けてみると数量は十分でした。代理店にもストックは普通にあるようです」(TSUKUMO eX.)とのことで、金曜日時点でも売り切れの札を目にすることはなかった。

 売れ行きについては、「予約分で最初の需要が満たされて勢いはいったん止まりました。そんな激しく売れている感じはないです」(BUY MORE秋葉原本店)といったコメントが多い。とはいえ、落胆の色はない。パソコンショップ・アークは「現行のCore i上位かつ売れ筋の“末尾K”が普通に合流した印象です。ハイエンド志向やオーバークロッカーには安定した人気が得られると思います」と話していた。

 実際、Core i7-4790Kを購入してオーバークロックを楽しんでいるというある店員さんは「4.7GHzまではすんなり上げられました。ほかの個体もそういう場合が多いみたいです。そこから先は壁があって電圧が求められるようになりますが、発熱はそこまで上がらないので、茨の道ながらやりようはありますね」と話す。オーバークロック耐性には個体差があるが、この点について悪い評価は他店でも聞かなかった。

 なお、7月3日にはPentiumブランド20周年記念モデルであるHaswell Refreshの「Pentium G3258」が売り出される。こちらの販売予約も複数のショップで実施中だ。予価は8000円強となる。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpg インテル「Core i7-4790K」と「Core i5-4690K」(写真=左)。BUY MORE秋葉原本店の“殻割り”展示。Core i7-4770Kと中身を比較できる(写真=右)

※記事初出時、Core i7-4790Kの最大クロックを誤って記載しておりました。正しくは4.4GHzです。おわびして訂正いたします
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.