ニュース
» 2014年08月01日 00時00分 UPDATE

日本でもデザインコンテストやりたいね:リンクス、ECSの「LIVA」新モデルを8月9日から出荷開始 (1/2)

リンクスインターナショナルがECSの販売代理店となり、超小型PC「LIVA」の新モデルを取り扱う。ECSはLIVAシリーズの展開構想についても語った。

[長浜和也,ITmedia]

ブラックからホワイトに変身した「LIVA」新モデル

 リンクスインターナショナルは、7月31日に、ECSの販売代理店契約の提携に伴う記者説明会を行い、その中で超小型デスクトップPC「LIVA」の新モデルを発表した。出荷開始は8月9日からで、実売予想価格は税込みで1万8980円の見込みだ。

 新しいLIVAは、ボディカラーを従来のブラックからホワイトに変えたほか、データストレージの容量を64Gバイトに増やした。CPUは、Bay Trail-M世代のSoC「Celeron N2807」(1.58GHz/2.16GHz、2コア2スレッド、最終レベルキャッシュ1Gバイト、TDP4.3ワット)を採用する。そのほかの仕様は従来モデルとほぼ共通だ。

kn_ecsliva_01.jpg ブラックからホワイトにボディカラーを変えて見た目の印象がかなり変わった“新しい”LIVA

kn_ecsliva_02.jpgkn_ecsliva_03.jpg インタフェースはギガビット有線LANとUSB 3.0、USB 2.0を1基ずつ、映像出力インタフェースとしてはHDMIとアナログRGBを備える(写真=左)。基板や無線接続モジュールをボディに組み込む作業はユーザーが行う(写真=右)

 そのほか、システムメモリはDDR3Lを2Gバイト載せ、インタフェースにはギガビット有線LANとUSB 3.0、USB 2.0を1基ずつ用意する。また、映像出力インタフェースはHDMIとアナログRGBを備える。なお、拡張スロットとしてM.2を載せているが、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetoothのコントローラ拡張カードを差している。

 ECSでは、LIVAの用途に購入コストの安さに着目してセカンドマシンとして導入することや、省電力性能を生かした常時稼働サーバ、または、小規模企業における大量導入PCとして、そして、教育機関では情報技術教科で使う学習用途やプログラム動作確認PCなどを提案している。

kn_ecsliva_04.jpgkn_ecsliva_05.jpg LIVAのシステムボード。CPUはBay Trail-M世代のSoC「Celeron N2807」を採用する(写真=左)。システムメモリの容量は2Gバイトと従来と同じ。従来モデルからデータストレージの容量が64Gバイトに増加した(写真=右)

kn_ecsliva_12.jpgkn_ecsliva_13.jpg 専用のACアダプタはMicro USBの形状なので、5ボルト3アンペア出力に対応するモバイルバッテリーならLIVAを駆動できる(写真=左)。iOS対応のリモートデスクトップアプリを利用すればiPhoneをLIVAのディスプレイ代わりに使うことも可能だ(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.