レビュー
» 2014年09月25日 13時27分 UPDATE

Winタブ入門機に格安の選択肢:お手ごろ価格の10.1型Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D10IW」実力検証 (1/3)

サードウェーブデジノスの「Diginnos Tablet DG-D10IW」は、OSにWindows 8.1 with Bingを採用することで、必要十分な機能を備えながら手ごろな価格を実現したのが特徴だ。使い勝手を見ていこう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・価格が安い
・広視野角液晶を搭載
・フルサイズのUSB3.0ポートを装備
ココが「×」
・CPU性能がやや低い
・バッテリー駆動時間が短め
・microUSB充電ができない

「Windows 8.1 with Bing」を搭載した格安10.1型タブレット

 ドスパラが販売するDiginnos Tablet DG-D10IWは、プリインストールOSに64ビット版Windows 8.1 with Bingを導入したタブレットだ。10.1型の10点マルチタッチ液晶ディスプレイ、64GバイトのeMMC、4Gバイトのメモリを搭載しながら税込み4万1018円からと、手ごろな価格で購入できることが大きな特徴だ。評価機を入手したので、性能や使い勝手をレビューしよう。

og_diginos_001.jpg Diginnos Tablet DG-D10IW

 Windows 8.1 with Bingは、Microsoftが低価格デバイス向けに戦略的に格安でライセンス提供を行なっているOEM向けのWindows 8.1だ。内容はInternet Explorer 11のデフォルトの検索エンジンが「Bing」に設定されているということ以外は、通常のWindows 8.1と変わらない。購入後にユーザーが手動で検索エンジンを変更することは制限されていないため、ユーザーにとっては通常のWindows 8.1とまったく同じと考えて良いだろう。

og_diginos_002.jpgog_diginos_003.jpg Windows 8.1 with Bingは、Internet Explorer 11のデフォルトの検索エンジンが「Bing」に設定されている。それ以外は、通常のWindows 8.1と変わらず、ユーザーが検索エンジンを変更することも可能だ

コンパクトで軽量なボディ

 ボディはカラーリングをブラックで統一しており、裏面カバーは梨地加工をした樹脂製で、左右の端をゆるやかに絞った形状となっている。

 評価機には管理用のシールが多く張られていたが、それを除けば、ハードウェア自体のデザインとしてはノイズが少なくシンプルにまとまっている。もっとも、ボタンや端子などの脇には機能を示すアイコンを白でプリントするなど、見た目よりも使い勝手、機能性を重視しているようだ。樹脂製ではあるが、実際に持った時に凹んだりしなったりといったようなことはないソリッドな感触で、堅牢性に不安を感じるようなことはなかった。

 公称サイズは、約258(幅)×173.2(奥行き)×10.8(厚さ)ミリだ。最近の10型クラスのタブレットとしては若干厚みがあるものの、フットプリントは小さい部類に入る。重量はドスパラのWebページには約650グラムと記載があるが、実測では575グラムと大幅な違いがあった。数値の違いは気になるが、実測の575グラムならば、10型クラスとしては水準よりやや軽いくらいであり、携帯性は優秀といえる。

og_diginos_004.jpg 10型クラスのタブレットとしてはやや厚みがあるもののフットプリントは比較的小さい。公称の重量は約650グラムだが、実測では575グラムと大幅に軽かった。上部にWebカメラ、下部にホームボタンを配置する

 バッテリー容量は、CPUID HWMonitorで確認したところ、約25Wh(25160mWh)だった。公称のバッテリー駆動時間は約5.8時間と、最近のタブレットとしてはやや短め。付属のACアダプターはプラグ一体型タイプで、実測サイズ53(幅)×78(奥行き)×40(高さ)ミリ(突起部除く)、実測の重量は約157グラムだった。軽量ではあるが幅も厚みもある形状のうえプラグが収納できないため携帯しやすいとはいいがたい。本体には専用の丸形プラグで接続する。

og_diginos_005.jpgog_diginos_006.jpg 裏面。両サイドをゆるやかに絞ったシンプルなフォルムで、上部にあるWebカメラがデザイン的なアクセントになっている。上部の左側には、強制終了ボタンとmicroSDカードスロットがあり、両サイド下部にステレオスピーカーがある(写真=左)。付属のACアダプターはプラグ一体型タイプで、実測サイズは53(幅)×78(奥行き)×40(高さ)ミリ(突起部除く)、実測の重量は約157グラムだった。本体には専用の丸形プラグで接続する(写真=右)

og_diginos_007.jpgog_diginos_008.jpg 電源ボタンは左側面に、右側面には画面回転/固定ボタンと音量調整ボタン、microSDカードスロット(SDXC対応)がある

og_diginos_009.jpgog_diginos_010.jpg 上面にはDC入力、USB3.0(フルサイズ)、microHDMI、ヘッドフォン出力端子がある。底面には本体に添付されるキーボード接続用のコネクタが用意されている

top_features1_icon_13_1383270051.jpg

→PC USER特設ページ「ドスパラチャンネル」
アキバ発、BTO対応PCの雄「ドスパラ」が熱い! ネット注文で最短当日出荷、カスタマイズしても2日で出荷! 欲しいPCがすぐその手に!!


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.