ニュース
» 2014年10月01日 15時37分 UPDATE

Office for iPadも年内提供:個人向け「Office 365」日本上陸、プリインOfficeは永続無料アップデートに

メーカー製PCおよびSurface Pro 3にプリインストールされる「Office Premium」と、個人向けのサブスクリプションサービス「Office 365 Solo」を日本に展開する(21:40追記)。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは10月1日、個人向けの新Office製品「Office Premium プラス Office 365 サービス」(以下、Office Premium)および、「Office 365 Solo」(サブスクリプション)を発表、10月17日より発売する。

og_office_001.jpg 報道関係者向け説明会「New Office Press Briefing」に登壇したMicrosoftのサティア・ナデラCEO(Satya Nadella)。「モバイルファースト」「クラウドファースト」を体現する製品として、日本に最適化したという新しいOfficeを紹介

 7月に行われた経営方針記者会見で国内向け「Office 365」に言及したとおり、今回発表されたOfficeは「日本市場に最適化した」という、国内のみで展開する製品。Office Premiumはパートナー各社のメーカー製PC、およびSurface Pro 3にプリインストールする形で提供される。

 ポイントは大きく2つで、1つがOffice PremiumプリインストールPCの利用に限り、最新版Officeへのアップデートが永続的に無償で提供される点。もう1つがOffice 365サービス(1年間有効)が付属する点だ。Office Premiumはこれまでメーカー製PCにプリインストールされていたOffice Home&Businessを代替する形で、順次切り替わる。また、Office Premiumを搭載するSurface Pro 3は10月2日から予約を開始する。

 Office Premiumは、Word/Excel/Outlookで構成される「Office Personal Premium」、これにPowerPointとOneNoteを加えた「Office Home&Business Premium」、さらにAccesとPublisherも含む「Office Professional Premium」という3つのエディションが用意される。各エディションに付属するOffice 365(1年間ライセンス)は共通で、1TバイトのOneDrive、iPhone/Android/iPadで利用可能なOfficeアプリ(Office for iPadは年内提供予定)、月間60分のSkype無料通話、無償サポート(アンサーデスク)という内容だ。また、2年目以降は5800円(税抜き)で継続ライセンスを購入できる。

 なお、ライセンス形態が新しくなっているが、現時点でOffice自体はOffice 2013と同じもの。また、永続ライセンスはハードウェアにひもづくため、家族共用のPCであれば誰でもOfficeを利用できるが、付属するOffice 365のサービスは1アカウント用になる。

og_office_002.jpg プリインストールされたPCに永続的なOfficeライセンスを付与するOffice Premiumは、1年間有効なOffice 365も付属する

og_office_003.jpg Surface Pro 3に搭載されるOfficeもOffice Premiumに切り替わる

 一方、個人向けの「Office 365 Solo」は、2台のPCまたはMacで利用できるサブスクリプションサービスだ。契約期間中であれば常に最新のOfficeに無償アップデートできるほか、1Tバイト容量のOneDriveをはじめ、Office Premium同様のサービスが付属する。Office 365 Soloラインセスを適用するマシンはアカウントページから切り替え可能で、新規にPCを購入した場合でもそのまま乗り換えられる。なお、Office 365 Soloのエディションは、Windowsマシンの場合はOffice Professionalと同等、Macの場合はOffice for Mac Home&Businessに含まれるWord、Excel、PowerPoint、Outlookが対象になる。

og_office_004.jpg 個人向けサブスクリプションサービス「Office 365 Solo」は年間1万1800円(参考価格)で提供され、2台のPCまたはMacで利用できる

og_office_005.jpg Office for iPadの国内展開も2014年内に開始される予定。記者説明会ではiPadの画面サイズにあわせたリボンUIのOfficeなどが披露された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.