レビュー
» 2014年12月19日 18時23分 UPDATE

性能と機能に我慢なし:実売1万円台のWindowsタブレット「Diginnos DG-D08IW」は本当に使えるのか? (1/2)

サードウェーブデジノスが発売した「Diginnos DG-D08IW」は、Windows 8.1 with Bingを搭載した低価格が魅力の8型タブレットだ。その実力を検証してみた。

[芝田隆広(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・実売2万円を切る低価格
・Micro HDMI映像出力を装備
・345グラムと軽量
ココが「×」
・ストレージ容量が小さい
・外部USB機器を使いながらの充電は不可
・付属アプリは最低限

コスパ抜群! Windows 8.1 for Bing搭載の激安タブレット

 PC関連専門ショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブデジノスが11月21日に販売を開始した「Diginnos DG-D08IW」は、税別価格で1万8500円と2万円を切る低価格で多くのユーザーが注目するWindows 8.1 with Bing導入のタブレットだ。

kn_digitab_01.jpg 8型ディスプレイ、Windows 8.1 with Bing、そして、2万円を切る価格で注目の「Diginnos DG-D08IW」

 「とにかく安い」という印象が先に立つ製品だが、CPUとして“Bay Trail-T”世代でクアッドコアのAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz、2次キャッシュメモリ2Mバイト、SDP 2.2ワット)を採用している。システムメモリはDDR3Lを2Gバイト実装する。

 データストレージは容量16GバイトのeMMCを内蔵と、ここは容量を抑えて価格を優先している。評価用の機材では、16Gバイトのうち3.6Gバイトを回復パーティションとして使っており、Cドライブとして割り当てているのは10.85Gバイトだった。なお、12月18日には、ストレージを32Gバイトに増量した「Diginnos DG-D08IWB 32GB」を発表している。こちらの税別価格は2万3130円となっている。

 液晶ディスプレイのサイズは8型で解像度は1280×800ピクセルだ。デスクトップ画面だと少々細かい操作がやりづらいサイズだが、明るさや発色は特に問題ない。本体のサイズは213.8(幅)×127.96(奥行き)×8.6(高さ)ミリで、重さは約345gと、8型ディスプレイ搭載Windows導入タブレットではMiix 2 8に迫る軽さとなっている。2万円を切る価格で気になるボディの作りも、見た目に安っぽさはない。価格を考えれば上々の見栄えとなっているだろう。

kn_digitab_02.jpg 解像度は1280×800ピクセルと、Windows導入8型ディスプレイタブレットでは最も多い組み合わせだ

kn_digitab_21.jpg 213.8(幅)×127.96(奥行き)×8.6(高さ)ミリで約345gのサイズと重さは、片手で持っても苦にならない

kn_digitab_10.jpgkn_digitab_11.jpg 8型ディスプレイを搭載するタブレットだけに、縦持ちの親指タイプも横置きの3本指タイプもやりやすい

 本体搭載のインタフェースとして、Micro HDMI出力、Micro USB、micro SDカードスロットを装備する。なお、標準でMicro HDMIとHDMIの変換ケーブルが付属する。低価格モデルながら映像出力用変換コネクタを標準で付属するのは例が少ない。

 Micro USBは1基で、充電に使うほかに、(変換アダプターを利用できれば)マウスやキーボード、USBメモリなど、外部機器の接続にも利用できる。ただ1基しかないので「充電しながらUSBメモリを使う」ことはできない。マウスやキーボードではBluetooth接続が一般的なので、それほど困らないだろう。

kn_digitab_04.jpgkn_digitab_05.jpg 長辺方向の側面には電源ボタンと音量調整ボタンを用意する

kn_digitab_07.jpgkn_digitab_06.jpg 短辺方向の側面には、Micro HDMI出力、Micro USB、ヘッドセット端子を片側に集めている

kn_digitab_08.jpgkn_digitab_09.jpg micro SDメモリーカードスロットはカバーに隠れている(写真=左)。USB充電器のほかに、HDMI−Micro HDMI接続ケーブルが標準で付属する(写真=右)

 無線接続ではBluetooth 4.0+HSとIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANが使える。ほかに、有効200万画素のインカメラと有効200万画素メインカメラを備えている。なお、サードウェーブデジノスが公開しているバッテリー駆動時間は約6.1時間としている。

 Diginnos DG-D08IWが登場する以前では、OSにWindows 8.1 for Bingを導入して、CPUにAtom Z3745Fを搭載した8型ディスプレイ搭載Windowsタブレットとなると、通常は3万円台前半〜4万円台といった価格帯だった。しかし、国内で有名なプライベートブランドでこのスペックの製品が2万円を切る低価格で手に入るというインパクトは大きい。

OS Windows 8.1 with Bing(32ビット)
CPU Atom Z3735F
システムメモリ 2Gバイト(DDR3L)
グラフィックス Intel HDグラフィックス(CPU統合)
ディスプレイ 8型(1280×800ピクセル/10点マルチタッチ対応)
データストレージ 16Gバイト eMMC
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0+HS
センサー 加速度センサー、GPS
本体搭載インタフェース Micro USB、Micro HDMI、ヘッドフォン端子
カードスロット microSD(SDXC)
Webカメラ 有効200万画素 インカメラ、有効200万画素 メインカメラ
サイズ 213.8(幅)×127.96(高さ)×8.6(奥行き)ミリ
重さ 345グラム
バッテリー駆動時間 約6.1時間

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.