ニュース
» 2015年01月03日 01時47分 UPDATE

気になる中身も“自腹”で公開:2015年の運試し!! アップルストア銀座の「Lucky Bag」求めて並んだ結果 (1/2)

アップル恒例の福袋「Lucky Bag」が2015年1月2日に発売された。銀座の様子や気になる中身を(自腹で)購入リポート。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 アップルは2015年1月2日午前8時、全国8カ所の直営店で福袋「Lucky Bag」を販売した。価格は3万6000円(税別)で、1人1個のみ、各店舗とも販売数量は未公開だが、完全数量限定の運だめしアイテムだ。

 毎年恒例となった、このアップルファンたちの“お祭り”の模様を、今年はアップルストア銀座で”前のり”したので、早速お伝えしよう。

今年は、並び方の”ルール”が改善/強化

 1月1日午前0時(発売、32時間前)、気温は7.8度/西南西の風2.6メートル/秒。筆者は、厳かで穏やかな年越しを、アップルストア銀座前で迎えた。

og_apple_001.jpg 2015年1月1日午前0時の銀座

og_apple_002.jpg あけましておめでとうございます

 なんとこの時の行列はゼロ、警備員が1名のみ。ご存じの通り、例年であれば年越し時には、すでに数十名の強者たちで賑わっているというのに、逆に少々”意外”な光景だ。

og_apple_003.jpg しかし例年とは打って変わってアップルストア銀座前に人影はない

 警備担当者の話によると、2014年12月30日の時点で、すでに10名強ほどの行列ができたものの、所轄築地警察署の指導もあり、2015年1月1日5時から行列を開始する方針が、店頭で案内された結果という。なんでも、iPhone 6/6 Plus販売時の混乱騒動が発端だとか。

og_apple_004.jpg おつかれさまです

 2015年1月1日午前5時(発売、27時間前)、整列開始。人数を数えたところ、50名弱だったが、警備担当から行列についての幾つかの「指導」が伝えられた。当初の主な案内は以下の通りだ。

  • イスや、しゃがみ込みの禁止(つまり、直立不動状態)
  • 「整理券的」なものが配布される予定だが、配布時間は未定
  • 飲食、喫煙禁止
  • 列から離れるのは禁止
  • 割り込み防止のため、整列のスナップ写真を警備担当が撮影する
※筆者が、現場で口頭で聞いた内容
og_apple_005.jpg 1月1日午前5時。発売まで27時間である

og_apple_006.jpg 行列が伸び始める

 イスやしゃがみ込みの禁止は、警察署の指導によるものとのことだが、販売開始まで27時間ということ考えると、「直立」は極めてタフな条件追加といえるだろう。また、この時点では不明であった、整理券「的」なものとは、どういったものなのか?

 1月1日午前8時30分、行列は100名程度。同午前10時過ぎよりアップル社員による、整理券的なものが配布されることが案内される。トイレなどで一時離列する場合でも10時に必ずいるよううながされ、一同ほっと胸をなでおろした。

og_apple_007.jpg アップルストア銀座で迎えた初日の出

 1月1日午前10時過ぎ、行列は銀座2丁目の交差点まで達し、250名といったところ。アップル関係者の説明によると、整理券的なものは、リストバンドであることが判明した。関係者によって、一人ずつ右手に赤色紙素材のリストバンドが先頭から順につけられた。なお、このリストバンドでLucky Bagが買えるというものではなく、列に並んでいたという”証”だという。(この新しい整列システムの運用方法が見えないところだった)。

og_apple_008.jpg 1月1日午前8時30分。発売まで24時間を切って“整理券的な何か”が配られることが判明

og_apple_009.jpg “整理券的な何か”はリストバンド。ただし、これがあればLucky Bagを購入できるというわけではないらしい

 1月1日午後には、小雪も降る中行列は伸びて行った。警備担当者によると午後11時過ぎに列後方でのリストバンドの配布が終わったとのことで、いよいよ締切が近い予感。やはり、始発電車で参戦するには、今年も厳しい条件のようだ。気温は1.0度、西北西の風3.6メートル/秒と寒さが増す中、1月2日を迎える。

 1月2日午前5時。気温は氷点下0.6度、西風2.6メートル。最後尾は首都高の京橋を超え、890名ほどに伸びた。筆者は、遅くなった夕食のため列から離れ、行列最後尾へと並び直した。最後尾付近では、始発電車で行列に並ぼうとする人々が増え始めるが、「整理券的なもの」のリストバンドがないと、もはや「Lucky Bag」は購入できない可能性が高いことが繰り返し案内がされていた。

og_apple_010.jpg 1月2日午前5時過ぎ。もうすぐである

og_apple_011.jpg 新しい何かを始めよう

 目立った混乱はないが、かすかな”希望”を求め参列者は伸びる。アップルストア銀座から400メートル以上離れた東京スクエアガーデンに達した。1000名ほどまで到達しただろうか。2014年と同じ程度、やはりこのあたりが今年も明暗を分けるポイントになるようだ。おおよそ800名ほどだろう。

og_apple_012.jpg 行列は伸びていく

og_apple_013.jpg 伸びていく

og_apple_014.jpg 伸びていく

og_apple_015.jpg 伸びていく……

og_apple_016.jpg 1月2日午前6時

 1月2日午前6時30分より、アップル関係者が整理券を配布した。最後尾に整理券が行きわたるには、そこから50分ほどかかったが、リストバンドを持っていない人々たちには、ほどなく”悲報”が警備担当者より知らされる。「Lucky Bagが購入できないことが確定したので、散ってください!」。幸いにも、目立った混乱は起きなかったことは、並んでいた人々の理性によるものだろう。お疲れ様!戦友たちよ。

og_apple_017.jpg 2度目の夜明け……

 一方、整理券には「もうすぐ、あなたの手に。」と記されている。やっと入手できたカードだけに、もうひとがんばりできそうだ。リストバンドに記載された5ケタの番号が転記され、参列者と整理券がひもづけされている仕組みになっている。なるほど、この手法であれば、転売や譲渡、割り込みも防止できそうだ。

og_apple_018.jpg 「もうすぐ、あなたの手に!」

 1月2日午前8時。アップルストア銀座店オープン。先頭での賑やかで、はなやかな”お祭り”雰囲気は、最後尾にはまったく伝わらない。参列者は、礼儀正しく、慎ましく、口数も少なく、ひたすら小刻みに前進し”その時”を待った。

og_apple_019.jpg ついにオープン! ……したらしい。ひたすら待つ

og_apple_020.jpg そして入店

 1月2日午前10時20分過ぎ。最後尾がアップルストア銀座入口に到達した。1月1日午前5時から数えて、29時間20分。明るく、陽気なスタッフたちに出迎えられ、無事入店を果たす。開店時のような、ハイタッチによるセレブレーションこそなかったものの、客もスタッフもみな笑顔。やはり、この瞬間を期待していたのだろう。まさに「お祭り」気分だ。あとは、肝心の運試しなのだが、今年は、Incase製の「Lucky Bag」上部に”当たり券”があれば、豪華商品が用意されているという。事前に、確認を店員からうながされながら、4階「Lucky Bag」購入の会場へと向かった。

og_apple_021.jpg ハイタッチはなかったが陽気なスタッフがお出迎え

og_apple_022.jpg 楽しそうです

og_apple_023.jpg Lucky Bagを求めて4階へ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-