ニュース
» 2015年01月14日 14時26分 UPDATE

NECプラットフォームズ、“デュアルバンド中継機能”も備えた11ac対応ホームルータ

NECプラットフォームズは、IEEE802.11ac対応の無線LANルータ「AtermWG1200HP」を発表。中継器としての利用時に、最適な中継接続を自動で行える「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」を備えた。

[ITmedia]
photo AtermWG1200HP

 NECおよびNECプラットフォームズは1月14日、IEEE802.11ac対応の無線LANルータ「AtermWG1200HP」を発表、1月22日に販売を開始する。AtermWG1200HP単体モデルのほか、AtermWG1200HPを2台セットにした「AtermWG1200HP イーサネットコンバータセット」(型番:PA-WG1200HP/E)も用意。価格はともにオープン、予想実売価格は単体モデルが1万円弱、PA-WG1200HP/Eが1万9000円弱の見込みだ(税別)。

 最新のIEEE802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応した無線LANルータで、理論値最大867Mbps(11ac時)の転送に対応。世界最小クラスの「μ(マイクロ)SRアンテナ」を採用したことで、“国内最小”をうたうコンパクト設計を実現している。また、中継器として利用した場合に最適な中継接続を自動で行える「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」を搭載しているのも特徴だ。

 有線ポートはギガビット対応ポート4基(WAN側×1、LAN側×3)を備えた。本体サイズは33(幅)×97(奥行き)×146(高さ)ミリ、重量は約0.3キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.